学科・コース

システム情報科学部は、情報アーキテクチャ学科/複雑系知能学科の2学科から構成されます。学生は2年次から2つの学科に分かれ、さらにその中の5つのコースのいずれかの専攻に所属します。

情報アーキテクチャ学科

今日の情報ネットワーク社会は、人と人、人と機械、機械と機械のコミュニケーションが絡まり合い、とても複雑な情報交換の連続で成り立っています。情報アーキテクチャ学科では、人間中心の情報システムを構築するために必要な技法や知識、思想を身につけます。情報デザイン、認知心理学、コミュニケーションなど様々な学問を融合しながら、今日の社会基盤となる高度な情報システムを構築する技法、快適な情報環境を作り出していく技法を学びます。ここから育つのは、人間とコンピュータの新しい関係を切り拓くことのできる人材です。

複雑系知能学科

コンピュータの進化は、地球規模の気候や海流、生命体のDNAネットワーク、大規模な交通網などの複雑な現象のシミュレーションや、ロボットや計算機上での人工知能の開発を可能にしてきました。複雑系知能学科では、以前は計算機で取り扱えなかったような複雑な現象や、「知能」という不思議な現象の背後にあるルールを解析し、情報システムとして表現し制御する技法を学びます。ここから育つのは、現実世界にあふれる複雑な問題群にアプローチし、非線形数理科学を駆使して解析に取り組み、斬新なシステムを開発できる人材です。

 

学科・コースの構成について

情報アーキテクチャ学科は情報システムコースと情報デザインコース、複雑系知能学科は複雑系コースと知能システムコースから構成されます。このうち情報システムコースでは、3年次からさらに高度ICTコース(修士課程までの一貫教育)が枝分かれします。

course

情報アーキテクチャ学科3つのコース

情報システムコース

社会のさまざまな場面で、無数の情報システムが中枢を担っています。このコースでは、情報システム構築のための基礎から高度な応用までを学ぶことができます。情報技術のさらなる進歩の先を見すえながら、システムの未来のあり方までを構想し、新しい技術や研究をつねに自分のものにしてシステム設計に取り組める力を身につけます。
そのために、システム開発における二大技術、「ネットワーク」と「データベース」の最前線を、実習や演習を通して学びます。人間とコンピュータの関係をさらに豊かなものにするための発想と技能を探求するコースです。

高度ICTコース

高度ICT(Information and Communication Technology、高度な情報通信技術)コースは、情報システムコースの3年次において2年間の大学院(博士前期課程)進学を前提に選ぶ、大学生活を6年一貫でとらえたコースです。
ICTの基礎知識やプログラミング能力に加え、さらにレベルの高い思考・表現能力、システム構築能力、プロジェクト指揮能力を磨き、産業界で求められている実践的なスキルを身につけます。第一線の企業から技術者派遣の支援も受けて、高度なソフトウェアシステムのデザイン・設計・精密な実装技能を持つ人材を育成します。

高度ICTコースの詳細はこちら

情報デザインコース

情報を具体的に機能させるために、デザインという、人間の五感に訴える手法があります。このコースでは、多様な情報機器と人間をつなぐシステムをデザインするための、基礎から応用を学びます。人が情報社会で豊かに生きるためのデザイン理論や表現方法に加え、情報科学や認知科学の最新の理論と実践を学びながら、これからの情報デザインの最前線に立つ力を養います。
美術大学と大きく異なるのは、メッセージを成り立たせる仕組みや、そのあり方などを科学的に探求していくカリキュラムです。デザインの感性と、コンピュータに関わる高度なスキル。このふたつの領域をフィールドに、ものづくりを深く学ぶ4年間です。

 

複雑系知能学科2つのコース

複雑系コース

現代社会には、全体をシンプルに俯瞰したり部分を統合していくだけでは到底とらえきれない事象があふれています。「複雑系科学」とは、工学や数理科学、情報科学などの幅広い領域を視野に入れながら、このようなシステムをモデル化する新しい情報科学のフロンティアです。
「複雑系コース」は、大学院で学ぶことの多い「複雑系科学」を学部の4年間で学べるようにした、日本で唯一の学科・コースです。大規模システムの解析と応用に欠かせない「コンピュータ」と「数理」を基礎として学びますが、必修科目は最低限に抑え、自分の興味対象に応じた、幅広い内容を選択できる自由を尊重しています。

知能システムコース

知能システムコースでは、次世代の情報システムと情報科学を見すえて、人工知能とハードウェア技術を学びます。合わせて、それらの根底で人間の知能システムを成り立たせている認知科学や情報表現なども、あわせて探求します。
人間のように柔軟に思考し行動できる「知能システム」の実現は、どのくらいの未来に可能でしょうか。その実現に近づくために、システムの企画・設計・プログラミングから電子工学まで、幅広い技術を学べるカリキュラムが整えられています。先進のプログラムによる制御や作動実験など、高度なシステムづくりの一貫を体験的に学ぶことができます。