求める学生像(アドミッション・ポリシー)

求める学生像

公立はこだて未来大学は「オープンスペース・オープンマインド」をモットーとし、幅広い分野に対応できる学生を育てたいと考えています。
システム情報科学という考え方に基づいて、情報社会において複雑なシステムを扱える人材を育成します。本学では、単に知識を持っていることより、考える力・必要な知識を学ぶ力を重要視します。ただし、考えるために最低限必要な知識を持っていなければなりません。

入試に際しては、本学の求める以下の能力を確認します。

数学

数理科学的な思考法は,システム情報科学における問題発見・解決の基本のひとつです。そのため,数理的な学習に必要な基礎事項に習熟していることを求めます。

英語

情報社会において必要な英文読解・作文力育成の基礎となる英語語彙・文法知識を求めます。他者の考えを理解し自身の考えを表現する英語コミュニケーション力育成の基礎となる英語運用能力を求めます。

情報科学(AO入試「選択科目」)

情報をディジタル表現する原理を理解し,与えられた前提や規則の下で論理的に考えて問題を解く力を求めます。情報機器や情報サービスの社会的影響について考えることができ,目的に応じて情報を効果的に表現する方法について考える能力を求めます。

デザイン(AO入試「選択科目」)

与えられたテーマに対し,問題発見・分析を行ない,文章のみではなく,略画・図表などを含めた視覚的な表現を用いて総合的な解決策を提案する能力を求めます。