FUNリテラシー

本学ではFUNリテラシー(※FUNは本学略称)と名づけた基礎力の養成を重視しています。システム情報科学を履修する上で最低限必要な、いわば「読み書きそろばん」の基礎技能です。その第1と第2には、「日本語と英語によるコミュニケーション」があげられます。知識や教養としての言語ではなく、伝えるためのツールとしての習熟をめざし、自分の考えを言語化して他者にわかりやすくコミュニケーションするための力を身につけます。第3に、言語の基礎力のひとつに含まれる「プログラミング言語」。第4に「数学」です。数学の基礎力がなければ、プログラミングの基礎が身につきません。第5に「デザイン」。ここでいうデザインとは色や形のことだけではなく、問題を見いだし解を与えるためのコミュニケーションとモノづくりの体系的プロセスを指します。
こうした基礎力の養成を重視したリテラシー科目群と、一般教養と専門教養からなる教養系科目群が、本学独自の基礎教育体系を形成しています。

funliteracy