マリンIT・ラボが「地域情報化大賞2015」で大賞を受賞

地域情報化大賞2015事例報告風景地方創生に資する「地域情報化大賞2015」表彰(総務省主催)で、本学のマリンIT・ラボが取り組む「IT漁業による地方創生」が、大賞/総務大臣賞を受賞しました。

地域情報化大賞は地域課題の解決に資するICT利活用の事例を主に独創性・先進性、継続性、波及効果の3つの評価軸で審査するものです。今回の表彰は、マリンIT・ラボの「うみのアメダス」を用いた海洋環境の見える化による養殖業の支援と、「うみのレントゲン」を用いた水産資源の見える化による漁船漁業の支援を通じて、資源回復と技術継承を実現した取り組みが対象とされています。

平成28年3月9日に東京ビッグサイトで開催される「地域ICTサミット2015」において表彰式が行われる予定です。

関連リンク:
総務省 報道資料(2016/1/22)
北海道総合通信局 報道資料(2016/1/22)
書籍『マリンITの出帆』の紹介
和田雅昭教授(マリンIT・ラボ ラボ長)

更新 2016/01/29