意識の向上
観測・分析
教育・広報
記録・渉外

戻る

 

 

 

▼テーマ
 観測という視点からアプローチし、データの解釈の仕方や風力発電機を設置するための基準値、風力発電を自分達で体験することにより、風力発電を実現する知識を身につけていくことがねらい。

 

▼活動内容

茂辺地プロジェクト 〜未来の風力発電に向けて〜
 将来、茂辺地に風力発電を設置し、風力発電の電力を、茂辺地地区750世帯に電力を供給することが目標。
 風力発電を設置するための、茂辺地の実際の風のデータを1年間の長期観測によって調査している。

観測日記 〜現場での観測〜 
 当初の目的であったフィールドワークを行う為、観測機を函館山に持って行き、観測を試みる。この試みによって、定点観測と現場での観測の違いを学んだ。フィールドワークをするには、事前に十分な準備が必要である。

仮想風力発電構想
未来大の電力を風力発電のみでまかなえるか、また設置することに問題がないかをさまざまな視点から検証してみる。



■島谷組メンバー
  島谷 卓也(リーダー)  安藤 英将  猪股 宏史 
  徳永 陽子  本多 賢吾  佐藤 耕淑