- 地球温暖化 -

二酸化炭素には、「光は通すが、熱は通さない」という性質があります。
この性質により、地球上の二酸化炭素量が増加すると、
地球に熱がこもってしまうことになります。これが温暖化なのです。




温暖化が引き起こされることによって、
異常気象や海面上昇といった地球環境の変化が起きてしまいます。
二酸化炭素は自動車の排気ガス、工場からの煙、
化石燃料の多量使用、森林伐採により排出されます。

温暖化を防止するためには、森林保護、化石エネルギーの節約、
省エネ、風力発電などの新エネルギーの開発が必要不可欠なのです。

戻る