公立はこだて未来大学

FUTURE UNIVERSITY HAKODATE

和 田 雅 昭

Masaaki Wada, Ph.D.


UNDER CONSTRUCTION !


スケジュール プロフィール 学位 所属学会 国際会議
査読論文 紀要 論文 国外特許 国内特許
科学研究費補助金 事業 情報処理技術者試験 資格 委員
研究用機材 その他の活動 リンク

 プロフィール

2012.4 公立はこだて未来大学 教授

2007.4 公立はこだて未来大学 准教授

2006.10 公立はこだて未来大学 助教授

2005.1 公立はこだて未来大学 講師

2004.12 株式会社東和電機製作所退社

2004.3 北海道大学大学院水産科学研究科環境生物資源科学専攻博士後期課程修了(社会人特別選抜)

2002.4 北海道大学大学院水産科学研究科環境生物資源科学専攻博士後期課程入学(社会人特別選抜)

1993.4 株式会社東和電機製作所入社

1993.3 北海道大学水産学部漁業学科卒業

1989.4 北海道大学水産系入学

1989.3 宮城県仙台第一高等学校卒業

1971.3 静岡県焼津市生まれ

 学位

博士(水産科学)
北海道大学 第六九二九号
海中転落者のための救助システムに関する研究

 所属学会

 査読論文

  1. Ramadhona Saville, Katsumori Hatanaka, Minoru Sano, Masaaki Wada
    Application of information and communication technology and data sharing management scheme for the coastal fishery using real-time fishery information
    Ocean & Coastal Management, Vol.106, pp.77-86, 2015.3

  2. I Nyoman Radiarta, Erlania, Ketut Sugama, Hirmawan Tirta Yudha, Masaaki Wada
    Frequent monitoring of water temperature in Pegametan bay, Bali: A preliminary assessment towards management of marine aquaculture development
    Indonesian aquaculture journal, Vol.9, No.2, pp185-193, 2014.12

  3. 高博昭,和田雅昭,松本浩文,畑中勝守
    漁船位置情報を用いた大阪湾のサワラ流し網位置抽出手法の検討
    日本航海学会論文集,130,pp.37-43,2014.7

  4. 山崎礼華,和田雅昭,佐野稔,高博昭
    航跡情報を活用した漁場抽出アルゴリズムについて 〜たこいさり樽流し漁の事例〜
    日本航海学会論文集,130,pp.62-68,2014.7

  5. 中島秀之,岡本誠,田柳恵美子,木村健一,和田雅昭,松原仁,柳英克,美馬のゆり
    社会をデザインする大学 〜公立はこだて未来大学のしくみと環境〜
    KEIO SFC JOURNAL,Vol.12,No.2,pp.75-88,2013.3

  6. 高博昭,和田雅昭,・松本浩文,畑中勝守
    大型船舶と小型船舶の位置情報重畳表示による航行支援の取り組み
    日本航海学会論文集,128,pp.1-8,2013.3

  7. 和田雅昭,畑中勝守,庄司るり,松本浩文
    船舶位置情報共有プラットフォームの構築に向けて 〜ユビキタスナビゲーションシステムの開発〜
    日本航海学会論文集,126,pp.205-211,2012.3

  8. 佐野稔,前田圭司,高柳志朗,和田雅昭,畑中勝守,本前伸一,菊池肇,宮下和士
    漁業情報を用いた北海道北部沿岸域におけるマナマコの資源量推定
    日本水産学会誌,第77巻,第6号,pp.999-1007,2011.11

  9. 和田雅昭,畑中勝守,佐野稔,原田博行
    水産業における情報技術の活用について-VI. 〜リアルタイム情報の活用と水産資源評価〜
    日本航海学会論文集,124,pp.355-362,2011.3

  10. 斉藤友貴哉,和田雅昭
    汎用Linuxによる海洋情報共有型GPSプロッタの開発
    組込みシステムシンポジウム2010論文集,pp137-142,2010.10

  11. 阿部圭介,和田雅昭
    小型水温観測ブイを用いた北海道西部日本海沿岸のホタテ養殖漁場における水温予測
    水産工学,47,1,pp43-46,2010.7

  12. 和田雅昭,畑中勝守
    水産業における情報技術の活用について-V. 〜マリンブロードバンドの活用〜
    日本航海学会論文集,122,pp.53-59,2010.3

  13. 畑中勝守,和田雅昭
    離散Wavelet解析による海底地質判別アルゴリズムの開発
    日本航海学会論文集,121,pp.177-183,2009.10

  14. 和田雅昭,畑中勝守
    水産業における情報技術の活用について-IV. 〜マリンブロードバンドの構築と評価〜
    日本航海学会論文集,120,pp.65-71,2009.3

  15. Masaaki Wada, Katsumori Hatanaka, Masashi Toda
    Developing a Water Temperature Observation Network based on a Ubiquitous Buoy System to Support Aquacultures
    Journal of Communications, Vol.3, No.5, pp.2-11, 2008.11

  16. 榎本洸一郎,戸田真志,繻エ康裕,和田雅昭,畑中勝守
    海底画像からのホタテ領域抽出に関する基礎的検討
    ViEW2008ビジョン技術の実利用ワークショップ講演論文集,pp.76-81,2008

  17. 畑中勝守,和田雅昭,戸田真志
    計量魚群探知機による海底地質判別に関する研究
    日本航海学会論文集,119,pp.169-177,2008

  18. 和田雅昭,畑中勝守,戸田真志
    養殖漁業支援のためのユビキタスブイの開発
    情報処理学会論文誌,Vol.49,No.6,pp.1833-1843,2008

  19. 畑中勝守,和田雅昭,戸田真志
    水産業における情報技術の活用について-III. 〜Wavelet変換による高速ノイズ除去と海底地形図〜
    日本航海学会論文集,118,pp.55-63,2008

  20. 畑中勝守,和田雅昭
    漁船を活用した海底地形情報取得システムのデータ解析に関する考察
    海岸工学論文集,53,pp.1386-1390,2006

  21. 和田雅昭,畑中勝守,雫石雅美
    水産業における情報技術の活用について-II. 〜測深データの解析と海底地形図の作成〜
    日本航海学会論文集,115,pp.83-89,2006

  22. 和田雅昭,木村暢夫,水川達也,増田稔
    海上施工専用船の回航監視システムについて
    日本航海学会論文集,113,pp.223-229,2005

  23. 和田雅昭,畑中勝守,木村暢夫,天下井清
    水産業における情報技術の活用について-I. 〜三次元海底地形の取得と活用〜
    日本航海学会論文集,112,pp.189-198,2005

  24. Nobuo Kimura, Kiyoshi Amagai, Kimihiko Ueno, Masaaki Wada, Toshihiro Iwamori
    Forecasting the Rolling Motion of Small Fishing Vessels for Scallop-Hanging Culture under Fishing Operation
    Fishing Engineering, 41, pp.25-33,2004

  25. 和田雅昭,宮川健三,山岡誠,天下井清,木村暢夫,岩森利弘
    水上オートバイを用いた測深システムの開発
    水産工学,41,1,pp.1-12,2004

  26. 和田雅昭,天下井清,木村暢夫,岩森利弘
    海中転落者のための救助システムについて-IV. 〜特定エリアの救助システムの実現〜
    日本航海学会論文集,111,pp.165-172,2004

  27. 和田雅昭,天下井清,木村暢夫,岩森利弘
    海中転落者のための救助システムについて-III. 〜運航管理システムとの融合〜
    日本航海学会論文集,110,pp.51-58,2004

  28. 和田雅昭,天下井清,木村暢夫,岩森利弘,西澤直晃
    海中転落者のための救助システムについて-II. 〜特定小電力無線機を用いた救助システム〜
    日本航海学会論文集,109,pp.105-112,2003

  29. 和田雅昭,天下井清,木村暢夫,岩森利弘
    海中転落者のための救助システムについて
    日本航海学会論文集,108,pp.181-187,2003

 国際会議

  1. Masaaki Wada, Katsumori Hatanaka
    A study of signal processing method to detect juvenile tuna in set-net fishery
    Proceedings of OCEANS 2016 MTS/IEEE Monterey Conference & Exhibition, 4 pages in CD-ROM, 2016.9

  2. Hiroaki Taka, Masaaki Wada
    Tidal Level Estimation Using a 5GHz Band Wireless Access System
    ISAP2015 Conference Proceedings, pp.805-808, 2015.11

  3. Masaaki Wada
    Prospects of the future squid fishing based on the big data
    Proceedings of OCEANS'15 MTS/IEEE Washington, 6 pages in CD-ROM, 2015.10

  4. Ramadhona Saville, Katsumori Hatanaka, Masaaki Wada
    ICT application of real-time monitoring and estimation system for set-net fishery
    Proceedings of OCEANS'15 MTS/IEEE Washington, 5 pages in CD-ROM, 2015.10

  5. Masaaki Wada, Shigeya Yasui, Ramadhona Saville, Katsumori Hatanaka
    The development of a remote fish finder system for set-net fishery
    Proceedings of OCEANS - St. John's, Sustainable Fisheries Technologies 1, 6 pages in CD-ROM, 2014.9

  6. Masaaki Wada, Katsumori Hatanaka, Ramadhona Saville, I Nyoman Radiarta, Ketut Sugama
    Marine Observation Framework Using ICT for Mariculture in Indonesia
    Proceedings of 2013 OCEANS - San Diego Conference & Exhibition, 6 pages in CD-ROM, 2013.9

  7. Masaaki Wada, Minoru Sano, Katsumori Hatanaka, Hiroaki Taka, Makoto Okamoto
    Development of a ubiquitous GIS plotter utilizing mobile facilities for fishery industries
    Proceedings of 2013 MTS/IEEE OCEANS - Bergen, 6 pages in CD-ROM, 2013.6

  8. Hiroaki Taka, Daisuke Shibata, Masaaki Wada, Hirofumi Matsumoto, Katsumori Hatanaka
    Construction of a Marine Traffic Monitoring System Around the World
    Proceedings of 2013 MTS/IEEE OCEANS - Bergen, 7 pages in CD-ROM, 2013.6

  9. Ramadhona Saville, Katsumori Hatanaka, Minoru Sano, Masaaki Wada, Makoto Okamoto
    Application of ICT and Automatic Resource Estimation for Coastal Fishery Using Real-Time Fishery Information
    Proceedings of 2013 MTS/IEEE OCEANS - Bergen, 5 pages in CD-ROM, 2013.6

  10. Masaaki Wada, Katsumori Hatanaka, Minoru Sano, Hiroaki Taka
    Digital diary system for fishery and applications of fishery management
    Proceedings of the OCEANS 2012 MTS/IEEE, Marine life and ecosystems, 6 pages in CD-ROM, 2012.10

  11. Masaaki Wada, Katsumori Hatanaka
    Real time seawater observation network for aquaculture
    Proceedings of the OCEANS 2011 MTS/IEEE KONA, Aquaculture: Tools and Techniques, 6 pages in CD-ROM, 2011.9

  12. Yukiya Saitoh, Masaaki Wada
    A development of GIS plotter for small fishing vessels running on common Linux
    Proceedings 2011 3rd International Conference on Computer Research and Development, pp.107-111, 2011.3

  13. Masaaki Wada, Katsumori Hatanaka, Minoru Sano, Yukiya Saitoh
    Applications of Maine Broadband Framework for Coastal fishing
    Proceedings of the OCEANS 2010 MTS/IEEE SEATTLE, Marine GIS and data fusion, 6 pages in CD-ROM, 2010.9

  14. Katsumori Hatanaka, Masaaki Wada
    An algorithm based on the wavelet transform for the classification of seabed textures
    Proceedings of the OCEANS 2010 MTS/IEEE SEATTLE, Classification and pattern recognition, 6 pages in CD-ROM, 2010.9

  15. Masaaki Wada, Katsumori Hatanaka
    Design of Marine Broadband Framework for Coastal Fishing and its Applications
    Proceedings of the OCEANS 2009 MTS/IEEE BILOXI, Information Management - 1, 6 pages in CD-ROM, 2009.10

  16. Koichiro Enomoto, Masashi Toda, Yasuhiro Kuwahara, Masaaki Wada, Katsumori Hatanaka
    Scallop Derection Method in Seabed Images Using Color and Shape Information
    Proceedings of 15th Japan-Korea Joint Workshop on Frontiers of Computer Vision (FCV2009), pp.87-91, 2009

  17. Masashi Toda, Koichiro Enomoto, Yasuhiro Kuwahara, Masaaki Wada, Katsumori Hatanaka
    Discussion on Method to Extract Scallop Areas in Seabed Images for Fishery Resources Investigation
    Proceedings of 2009 International Workshop on Adavanced Image Technology (IWAIT2009), Image Processing II-20, 6 pages in USB Memory, 2009

  18. Masaaki Wada, Katsumori Hatanaka, Masashi Toda, Minoru Sano
    Marine Broadband Framework for Coastal Fishing
    Proceedings of OCEANS '08 MTS/IEEE Quebec, Marine Life and Ecosystems, 6 pages in CD-ROM, 2008

  19. Masashi Toda, Koichiro Enomoto, Yasuhiro Kuwahara, Masaaki Wada, Katsumori Hatanaka
    Extraction Method of Scallop Area in Seabed Images for Fishery Resources Investigation
    Proceedings of OCEANS '08 MTS/IEEE Quebec, Optical Sensing and Applied Metrology, 5 pages in CD-ROM, 2008

  20. Masaaki Wada, Katsumori Hatanaka, Masashi Toda
    Practical Use of Personal Buoy System for Fishery Using Sensor Network Technologies
    Proceedings of OCEANS 2007 MTS/IEEE Vancouver BC Canada, Buoy Technology/Performance, 6 pages in CD-ROM, 2007

  21. Katsumori Hatanaka, Masashi Toda, Masaaki Wada
    A Study of Data Analysis for A Low-Cost Bathymetry System Using Fishing Echo Sounders
    Proceedings of OCEANS 2007 MTS/IEEE Vancouver BC Canada, Sonar and Transducers, 6 pages in CD-ROM, 2007

  22. Masaaki Wada, Katsumori Hatanaka, Masashi Toda
    Design and Applications of Marine Broadband Framework for Fisheries
    Proceedings of INSS07, Fourth International Conference on Networked Sensing Systems, pp.110-113, 2007

  23. Ayahiko Niimi, Hiroshi Shimada, Rika Goto, Masaaki Wada, Kei Ito, Osamu Konishi
    P2P Sensor Data Mining System for School Temperature Measurement System
    International Symposium on Artificial Life and Robotics (AROB 12th '07), 4 pages in CD-ROM, 2007

  24. Katsumori Hatanaka, Masaaki Wada
    A Development of the Low-Cost Bathymetry System for Coastal Management by Fishing Echo Sounders and Sensor Network Technologies
    Proceedings of the 30th International Conference on Coastal Engineering, San Diego, USA, Vol. 4, pp.4265-4274, 2006

  25. Ayahiko Niimi, Masaaki Wada, Kei Ito, Osamu Konishi
    Construction of School Temperature Measurement System with Sensor Network
    Proceedings of 10th International Conference on Knowledge-Based Intelligent Information & Engineering Systems (KES'2006), pp.813-819, 2006

  26. Masaaki Wada, Katsumori Hatanaka, Masashi Toda
    Compact Buoy System for Scallop Cultivation Using Sensor Network Technologies
    Proceedings of OCEANS'06 MTS/IEEE - Boston, Aquaculture I, 6 pages in CD-ROM, 2006

  27. Masaaki Wada, Katsumori Hatanaka, Masashi Toda
    Development of a Compact Buoy System Using Real Time Sensor Network Technologies
    Proceeding of INSS2006, Third International Conference On Networked Sensing Systems, pp.141 ,2006

  28. Katsumori Hatanaka, Masaaki Wada, Minoru Kotaki
    Instrumentation for the measurement of shallow seabed topography by a fishing echo sounder
    Proceedings of OCEANS 2005 MTS/IEEE, Ocean Instrumentation I, 6 pages in CD-ROM, 2005

  29. Dauren Akhmetov, Masaaki Wada, Minoru Masuda, Masasi Tsuchiike, Katsumori Hatanaka, Minoru Kotaki
    Data Monitoring and Analysis with Aggregative Learning Method
    International Conference on Computing, Communications and Control Technologies (CCCT), 6, pp.234-239, 2004

 紀要

  1. 佐野稔,前田圭司,高柳志朗,和田雅昭,畑中勝守,菊池肇,宮下和士
    北海道北部沿岸域におけるなまこけた網の漁獲効率の推定
    北海道水産試験場研究報告,No.84,pp.1-9,2013.9

  2. 畑中勝守,和田雅昭,戸田真志,鈴木充夫
    食品長期海上輸送のためのコンテナ内部状況リアルタイム監視システムの開発事例
    東京農業大学農学集報,Vol.54,No.3,pp.204-210,2009.12

  3. 畑中勝守,和田雅昭,上瀧實
    魚群探知機情報のDB化による海底地形観測システムの開発
    北海道東海大学紀要理工学,18,pp.7-13,2006

  4. 上瀧實,畑中勝守,増田稔,和田雅昭,盛雅道,土池政司,アクメトフ・ダウレン
    自律型空間情報取得ムバコンの開発
    北海道東海大学紀要理工学,15,pp.17-25,2002

 論文

  1. 和田雅昭,鈴木恵二,平間友大
    定置網魚探と機械学習を用いた魚種判別の取り組み
    日本水産学会平成29年度春季シンポジウム要旨集,pp.3-6,2017.5

  2. 大内清香,浦上美佐子,金岡拓哉,本木久也,和田雅昭
    定期船運航管理のためのG空間情報活用手法の検討
    信学技報,ITS2016-37,pp.131-136,2016.12

  3. 和田雅昭
    マリンIT・ラボの取り組み
    アクアネット,Vol.19,No.7,pp.27-31,2016.7

  4. 和田雅昭
    IT漁業による地方創生
    一般財団法人全国地域情報化推進協会,Future,Vol.19 ,pp.50-56,2016.3

  5. 和田雅昭
    うみのビッグデータの実現にむけて
    一般財団法人ニューメディア開発協会,研究成果レポート,Vol.32 ,pp.3-4,2016.3

  6. 内田康人,佐野稔,宮越靖之,和田雅昭
    人力式双胴船(ハイドロバイク)を用いた沿岸静穏域音響調査装置の作成と運用−北海道羅臼海域における事例−
    海洋調査技術学会第27回研究成果・ュ表会講演要旨集 ,pp.39-40,2015.11

  7. 和田雅昭,安井重哉 ,畑中勝守,Ramadhona Saville
    ICTを活用した定置網漁業支援に関する研究開発
    平成二十七年度日本水産学会秋季大会講演要旨集 ,pp.60,2015.9

  8. 三嶋順,和田雅昭
    宮城県における牡蠣養殖・海苔養殖へのIT利活用
    平成二十七年度日本水産学会秋季大会講演要旨集 ,pp.66,2015.9

  9. 和田雅昭
    いか釣漁業の展望
    日本知能情報ファジィ学会誌,Vol.27,No.2,pp.42-48,2015.4

  10. 和田雅昭
    マリンITで描くいか釣漁業の展望
    平成26年度日本水産学会北海道支部大会講演要旨集,pp.51,2014.12

  11. 和田雅昭,安井重哉,畑中勝守
    リモート魚群探知機の開発
    情報処理北海道シンポジウム2013講演論文集,2 pages,2014.10

  12. 高博昭,和田雅昭
    函館湾・E烽フ船舶位置情報重畳表示による安全航行支援
    情報処理北海道シンポジウム2013講演論文集,4 pages,2014.10

  13. 和田雅昭
    iPadを活用した水産資源の可視化と水産資源管理の取り組み
    平成25年度水産工学関係研究開発推進会議水産基盤部会報告書,pp.35-40,2014.5

  14. 和田雅昭
    マナマコ資源回復へ〜iPadを活用した漁業者主体の資源管理
    豊かな海,No.32,pp.3-7,2014.3

  15. 和田雅昭
    IT漁業とスマート水産業
    情報処理学会研究報告,Vol.2014-CVIM-191,No.31,4 pages,2014.3

  16. 和田雅昭
    広がるIT漁業の輪−リアルタイムで情報収集・解析−
    産学官連携ジャーナル,Vol.9,No.9,pp.28-30,2013.9

  17. 和田雅昭
    ユビキタスネット社会における水産業
    信学技報,Vol.113,No.186,pp.35-38,2013.8

  18. 和田雅昭
    ナマコ桁曳き網漁にみるIT漁業の展望
    Techno Inovation,Vol.22,No,2,pp.24-29,2012.9

  19. 和田雅昭,岡本誠,畑中勝守,佐野稔
    デジタル操業日誌の開発とリアルタイム水産資源評価
    平成23年度日本水産学会北海道支部・蜑・u演要旨集,1 page,2011.11

  20. 和田雅昭,斉藤友貴哉,森口和弘,前田久昭
    次世代GPSプロッタの開発
    日本{航海学会誌,NAVIGATION,Vol.176,pp.61-66,2011.3

  21. 松原仁,柳英克,鈴木昭二,和田雅昭,片桐恭弘,中島秀之,鈴木恵二,小野哲雄
    ロボットを対象とした新しい相互作用のデザインの試み
    認知科学,Vol.17,No.3,pp.572-579,2010.9

  22. 和田雅昭,畑中勝守
    沿岸漁業・ノおけるマリンブロードバンドの活用
    情報処理学会第72回全国大会講演論文集,Vol.3,pp.81-82,2010.3

  23. 和田雅昭
    沿岸域におけるブイを中心とした海洋モニタリングの展望
    第41回北洋研究シンポジウム要旨集,pp.17-18,2010.2

  24. 和田雅昭,畑中勝守,吉田隆,戸田真志
    ユビキタスブイを用いたサンゴ礁保全のための水温観測網の構築
    日本サンゴ礁学会第12回大会講演要旨集,pp.21,2009.11

  25. 和田雅昭,吉田隆,畑中勝守,戸田真志
    琉球弧海水温観測網・ョ備プロジェクト
    情報処理北海道シンポジウム講演論文集,pp.187-190,2009.10

  26. 長崎健,今井智也,斉藤友貴哉,高橋雄太,中川貴博,和多田昇平,阿部圭介,新堀航大,中村圭佑,野口耕自朗,和田雅昭
    デジタルサイネージを用いた観光遊覧船ブルームーンのリアルタイム情報配信
    情報処理北海道シンポジウム講演論文集,pp.205-208,2009.10

  27. 和田雅昭,畑中勝守,戸田真志
    養殖漁業支援を目的とした水温観測網“ユビキタスブイ”の構築
    日本水産学会秋季大会講演要旨集,pp.121,2009.9

  28. 佐野稔,前田圭司,高柳志朗,和田雅昭,畑中勝守,本前伸一,菊池肇
    なまこけた網漁船の位置情報から推定したマナマコの資源量
    日本水産学会秋季大会講演要旨集,pp.101,2009.9

  29. 吉田隆,和田雅昭,戸田真志,畑中勝守
    琉球弧における水温観測・Eヤの構築
    日本海洋学会春季大会講演要旨集,pp.240,2009.4

  30. 三上貞芳,和田雅昭,戸田真・Eu,宮嶋克己
    生産・流通・消費過程を対象としたトレーサビリティシステムにおける携帯電話の活用
    日本水産学会漁業懇話会,No.55,別紙 8 pages,2009.3

  31. 戸田真志,和田雅昭,吉田隆,畑中勝守,中野義勝
    ユビキタスブイを用いたサンゴ礁保全のための海水・キ観測の・獅ン
    日本サンゴ礁学会第11回大会講演要旨集,pp.112,2008.11

  32. 和田雅昭,畑中勝守
    小型漁船を活用した沿岸の海底地形図の作成と海底地形の表示について
    光電技法,No.24,pp.15-20,2008.10

  33. 和田雅昭,畑中勝守,戸田真志
    沿岸漁業のためのマリンブロードバンドの構築
    電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集,pp.608-611,2008

  34. 戸田真志,榎本洸一郎,繻エ康裕,和田雅昭,畑中勝守
    水産資源量調査を目的とした海底画像からのホタテ領域抽出手法の検討
    電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集,pp.612-615,2008

  35. 戸田真志,加賀谷聡,和田雅昭,畑中勝守
    統計解析を用いた複数小型漁船の魚群探知データの統合による海底地形の推定
    電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集,pp.620-622,2008

  36. 和田雅昭,畑中勝守,上瀧實
    ラピッドプロトタイピングのための汎用ボード“マイクロキューブ”の設計と活用
    情報処理学会研究報告,2008-UBI-18,pp.33-40,2008

  37. 松原仁,柳秀克,鈴木恵二,和田雅昭,鈴木昭二,鈴木孝司,浜克己,山田誠,本村真治,藤川一,川上健作,石田豊
    地域の観光活性化を目指したキャラク・^・[としてのロボット開発 〜函館イカロボットの開発〜
    ロボティクス・メカトロニクス講演会'07講演論文集,3 pages in CD-ROM,2007

  38. 和田雅昭,畑中勝守,戸田真志
    小型漁船におけるセンシングデータ・EEフ共有と海底地形図の作成
    情報処理学会研究報告,2007-UBI-14,pp.63-67,2007

  39. 和田雅昭,畑中勝守,戸田真志
    海洋ユビキタスセンシングのためのマリンブロードバンドの構築
    情報処理学会研究報告,2007-MBL-40/2007-UBI-13,pp.23-27,2007

  40. 和田雅昭,畑中勝守,戸田真志
    ホタテ養殖海域における小型海洋・マ測ブイの実用性評価
    情報処理学会研究報告,2006-UBI-12,pp.45-52,2006

  41. 情報処理学会北海道支部技術研究賞
    和田雅昭,畑中勝守,宮下和士,鉄村光太郎
    IEEE802.11Jによるマリンブロードバンドの構築
    情報処理北海道シンポジウム2006・u演論文集,pp.105-108,2006

  42. 和田雅昭,鈴木恵二,長野章,西村正三,増田稔
    3Dレーザスキャナによる函館漁港船入澗防波堤の三次元計測
    平成18年度日本水産工学会学術講演会講演論文集,pp.207-210,2006

  43. 和田雅昭
    海中転落者のための救助支援システムの開発と評価
    情報処理学会研究報告,2006-UBI-11,pp.31-38,2006

  44. 船井情報科学奨励賞
    山下記念研究賞
    情報処理学会ユビキタスコンピューティングシステム研究会第10回研究会優秀論文賞
    和田雅昭,畑中勝守,戸田真志
    ホタテ養殖支援のための小型海洋観測ブイの開発
    情報処理学会研究報告,2006-MBL-36/2006-UBI-10,pp.387-392,2006

  45. 平成17年度電気・情報関係学会北海道支部連合大会優秀論文発表賞
    和田雅昭,鈴木昭二
    H8マイコンを用いた演習用ターゲットボードの紹介
    電気・情報関係学会北海道支部連合大会講演論文集,2 pages in CD-ROM,2005

  46. 和田雅昭,畑中勝守
    センサネットワークによる海洋情報の取得と活用
    情報科学技術フォーラム講演論文集,4,pp.135-136,2005

  47. 畑中勝守,和田雅昭,上瀧實,増田稔,土池政司
    魚群探知機情報を活用した低コスト海底地形測深システムの開発
    第60回土木学会年次学術講演会概要集,第IV部門,pp.521-522,2005

  48. Nobuo Kimura, Masaaki Wada, Katsumori Hatanaka
    Application of an Information Technology for Fishing Production
    Proceedings of Japan-Korea Joint Seminar on Fisheries Science, 4, pp.87-92,2005

  49. 和田雅昭,木村暢夫
    特定小電力無線機を用いたGPSブイ
    電気・情報関連学会北海道支部連合大会講演・_文集,pp.187-188,2004

  50. 和田雅昭,畑中勝守,土池政司,増田稔,アクメトフ・ダウレン,上瀧實
    燃料電池を動力源とする無人環境調査船のIPコントロール
    電気・情報関連学会北海道支部連合大会講演論文集,pp.317-318,2004

  51. 畑中勝守,和田雅昭,増田稔,土池政司,上瀧實,富沢木実,岩谷公司
    海洋情報取得用”ムバコン”の開発と海洋GISへの応用
    第59回土木学会年次学術講演会概要集,第IV部門,pp.475-476,2004

  52. Nobuo Kimura, Masaaki Wada, Naoya Abeshima
    For a synthetic safety system in the fishing production
    Proceedings of Japan-Korea Joint Seminar on Fisheries Science, 3, pp.103-108,2004

  53. 和田雅昭,秋田純一
    リアルタイム計測システムのためのマルチプロセッサボード
    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集,通信,pp.255,2003

  54. 和田雅昭,三木智弘
    イカ釣機の揺動補正制御
    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集,CD-ROM,2003

  55. 和田雅昭,アクメトフ・ダウレン,増田稔,土池政司,盛雅道,上瀧實,畑中勝守
    ムバコンによる自律型空間情・取得の試み
    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集,CD-ROM,2003

  56. 和田雅昭
    イカ釣機の揺動補正制御
    数理水産科学,1,pp.73-76,2003

  57. 和田雅昭
    空間情報取得技術の紹介
    北海道東海大学環境研究所所報,9,pp.81,2003

  58. 畑中勝守,今正太,上瀧實,和田雅昭,増田稔
    デジタル3次元画像処理の高精度化に関する研究
    北海道東海大学環境研究所所報,9,pp.151-154,2003

  59. 鈴木正清,和田雅昭,烏野慶一,上田宏
    サケの母川回帰行動解明のためのサケ自動追跡ロボッ・g船
    デジタル情報処理シンポジウム講演論文集,17,CD-ROM,2002

  60. 内田康人,田近淳,増田稔,和田雅昭,盛雅道,依田美行,尾形照夫
    南北海道、洞爺湖の湖底地形と堆積構造
    物理探・ク学会学術講演会論文集,107,pp.17-20,2002

  61. 畑中勝守,上瀧實,増田稔,和田雅昭
    ラジコンヘリ搭載型デジタルカメラを用いた測・ハ技術の展望
    産学官技術移転フォーラム講演概要集,pp.53-56,2001

 著書

  1. 和田雅昭,マリンスターズ
    マリンITの出帆 −舟に乗り海に出た研究者のお話−
    公立はこだて未来大学出版会,2015.3

  2. 和田雅昭
    ICTを活用した資源と環境の見える化による水産業のスマート化
    スマート農業 −農業・農村のイノベーションとサスティ・iビリティ−
    農林統計出版,pp.207-210,2014.8

  3. 浜出雄一,和田雅昭
    イカ釣りの歴史と展望 −水産業を支える機械技術と情報技術−
    函館学ブック・激bト,No.20,pp.4-41,2012.3

 論文(学生・院生による発表)

  1. 平間友大,鈴木恵二,高博昭,和田雅昭
    Neural Networkを用いた定置網内の魚群探知機による魚種判別
    第16回複雑系マイクロシンポジウム,pp.1-2,2017.3

  2. 平間友大,鈴木恵二,高博昭,和田雅昭
    NeuralNetworkを用いた魚群探知機による魚種判別
    情報処理学会第79回全国大会講演論文集(2),pp.495-496,2017.3

  3. 佐々木大志,高博昭,和田雅昭
    機械学習を用いた定置網内時系列音響データの魚種識別
    情報処理北海道シンポジウム2016講演論文集,pp.215-218,2016.10

  4. 西岡憲汰,和田雅昭,長崎健,鈴木恵二
    ドローンを用いたタコ樽流し漁における樽の動体検出
    情報処理北海道シンポジウム2016講演論文集,pp.74-77,2016.10

  5. 服部僚,高博昭,和田雅昭
    定置網漁業における魚種判別アルゴリズムの構築
    計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2015講演論文集,pp.30-33,2015.11

  6. 小町嶺太,高博昭,和田雅昭
    たこいさり樽流し漁を対象とした漁場把握システムの開発
    情報処理北海道シンポジウム2015講演論文集,pp.199-202,2015.10

  7. 石山将来,高博昭,和田雅昭
    小型・剔Dにおける自動操舵に起因した海難防止システムの開発
    情報処理北海道シンポジウム2015講演論文集,pp.105-108,2015.10

  8. 西下葉津紀,渡邊貴弓,浦上美佐子,本木久也,岡宅泰邦,松井孝,和田雅昭
    周防大島町4定期船の運航情報管理システムの設計と構築
    第16回IEEE広島支部学生シンポジウム論文集,5 pages in CD-ROM,2014.11

  9. 高橋浩貴,高博昭,和田雅昭
    小型漁船の横揺れ計測と復原性の評価
    情報処理北海道シンポジウム2014講演論文集,4 pages,2014.10

  10. 伊藤飛雅,高博昭,和田雅昭
    3Dモデルを用いた函館湾の海上交通の可視化
    情報処理北海道シンポジウム2014講演論文集,2 pages,2014.10

  11. 久守玄永,和田雅昭,櫻井勝・轣C安間洋樹
    操業情報を用いた磯根資源量の推定手法に関する研究
    平成25年・x日本水産学会北海道支部大会プログラム・講演要旨集,1 page,2013.12

  12. 長岡英明,和田雅昭
    レーダを用いた小型船舶運航サポートシステムの開発
    情報処理北海道シンポジウム2013講演論文集,pp.123-124,2013.10

  13. 柴田大輔,高博昭,和田雅昭
    スマートフォンを用いたプレジャーボート向け衝突事故防止アプリケーションの開発
    情報処理学会第75回全国大会講演論文集,2 pages in DVD,2013.3

  14. 二木大地,和田雅昭
    小型漁船の航跡データを活用した操業解析の試み
    平成24年度電気・情報関係学会北海道支部連合大会講演論文集,2 pages in CD-ROM,2012.10

  15. 大羽隆介,和田雅昭
    Android端末による船舶衝突防止システムの開発
    平成23年度電気・情報関係学会北海道支部連合大会講演論文集,2 pages in CD-ROM,2011.10

  16. 永谷弘宣,和田雅昭
    ユビキタスブイのための潮流センサの開発
    平成23年度電気・情報関係学会北海道支部連合大会講演論文集,2 pages in CD-ROM,2011.10

  17. 佐藤裕貴子,和田雅昭
    ユビキタスブイを用いた津軽海峡水温観測網の構築
    平成23年度電気・情報関係学会北海道支部連合大会講演論文集,2 pages in CD-ROM,2011.10

  18. 斉藤友貴哉,和田雅昭
    汎用Linuxを用いた小型漁船向けGISプロッ・^・フ・J発
    平成22年度電気・情報関係学会北海道支部連合大会講演論文集,2 pages in CD-ROM,2010.10

  19. 近藤孝昭,和田雅昭
    AIS非積載船舶の衝突海難防止ナビゲーションシステムの開発
    平成22年度電気・情報関係学会北海道支部連合大会講演論文集,2 pages in CD-ROM,2010.10

  20. 大塚祐樹,和田雅昭
    携帯電話を活用した船舶モニタリングシステムの開発
    平成22年度電気・情報関係学会北海道支部連合大会講演論文集,2 pages in CD-ROM,2010.10

  21. 加藤あすか,今井智也,大槻武志,加藤隆義,小沢建斗,斉藤友貴哉,高橋雄太,中川貴博,山・阯迚リ,和多田昇平,渡辺俊也,渡邉逸人,和田雅昭,長崎健
    デジタルサイネージ・用いたナマコ資源評価システ・Eの・J発
    情報処理学会研究報告,Vol.2010-EMB-18,6 pages on BookPark,2010.8

  22. 斉藤友貴哉,和田雅昭
    漁業者のためのネットワーク型ナビゲーションシステムの開発
    情報処理学会研究報告,Vol.2010-UBI-25,7 pages on BookPark,2010.3

  23. 斉藤友貴哉,和田雅昭
    組込みシステムにおける3次元海洋情報の表示手法に関する研究
    信学技報,Vol.109,No.382,pp.13-18,2010.1

  24. 阿部圭介,和田雅昭
    ユビキタスブイを用いたホタテ養殖海域の水温予測に関する研究
    平成21年度電気・情報関係学会北海道支部連合大会講演論文集,2 pages in CD-ROM,2009.10

  25. 斉藤友貴哉,和田雅昭
    組込みシステムにおける3次元海洋情報の表現手法に関する研究
    平成21年度電気・情報関係学会北海道支部連合大会講演論文集,2 pages in CD-ROM,2009.10

  26. 大屋祥,和田雅昭
    マリンブロードバンドにおけるサービスエリアと通信品質の評価
    平成21年度電気・情報関係学会北海道支部連合大会講演論文集,2 pages in CD-ROM,2009.10

  27. 西島舞香,和田雅昭
    ネットワーク型カーナビゲーションシステムの提案
    平成21年度電気・情報関係学会北海道支部連合大会講演論文集,2 pages in CD-ROM,2009.10

  28. 阿部圭介,和田雅昭
    ユビキタスブイによるホタテ養殖海域での水温予測評価
    日本海洋学会春季大会講演要旨集,pp.143,2009.4

  29. 情報処理学会ユビキタスコンピューティングシステム研究会第21回研究会優秀論文賞
    花井貴士,和田雅昭
    海洋センサネットワークシステムのためのマリンブロードバンドの構築と評価
    情報処理学会研究報告,2009-UBI-21,pp.15-22,2009.3

  30. 阿部圭介,和田雅昭
    ユビキタスブイによるホタテ養殖海域での水温予測評価
    平成20年度電気・情報関係学会北海道支部連合大会講演論文集,2 pages in CD-ROM,2008.10

  31. 高橋一駿,和田雅昭
    カルマンフィルタを用いた無人環境調査船の自動制御
    平成20年度電気・情報関係学会北海道支部連合大会講演論文集,2 pages in CD-ROM,2008.10

  32. 花井貴士,和田雅昭
    小型漁船を対象としたマリンブロードバンドの構築
    平成20年度電気・情報関係学会北海道支部連合大会講演論文集,2 pages in CD-ROM,2008.10

  33. 中川朋彦,和田雅昭
    漁業就業者のための海底地形図Webデータベースに関する研究
    平成20年度電気・情報関係学会北海道支部連合大会講演論文集,2 pages in CD-ROM,2008.10

  34. 斉藤友貴哉,和田雅昭
    3次元海洋情報を活用した・・Eン漁業支援システムに関する研究
    平成20年度電気・情報関係学会北海道支部連合大会講演論文集,2 pages in CD-ROM,2008.10

  35. 押村健史,斉藤友貴哉,高橋雄太,渡辺晃大,阿部圭介,大矢一恵,野口耕自朗,長崎健,和田雅昭
    海底地形図作成のためのデータロガーの開発
    情報処理北海道シンポジウム2008講演論文概要集,4 pages on WEB-SITE,2008.9

  36. 阿部圭介,和田雅昭
    ユビキタスブイによる日・{沿岸全域の水温観測網の構築
    電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集,pp.616-619,2008.8

  37. 大矢一恵,津幡謙介,和田雅昭,長崎健,鈴木恵二
    小型・剔D向・ッデータロガーの開発
    第7回複雑系マイクロシンポジウム,pp.45-46,2008.3

  38. 中尾昭裕,樋口亮太,和田雅昭
    魚群探知機のデータ分析及びエラー処理による海底地形図の作成
    電気・情報関係学会北海道支部連合大会講演論文集,pp.210・C2007

  39. 樋口亮太,中尾昭裕,和田雅昭
    IEEE802.11jを用いた津軽海峡にお・ッるマリンブロードバンドの構築
    電気・情報関係学会北海道支部連合大会講演論文集,pp.182,2007

  40. 斉藤研一郎,今野悟志.和田雅昭
    無人小型双胴船の自動航行アルゴリズムの構築
    計測自動制御学会システムインテグレー・Vョン部門講演会論文集,7,pp.996-997,2006

  41. 今野悟志,斉藤研一郎,和田雅昭
    衛星通信及び無線LANを活用した洋上情報共有システムの構築
    情報処理北海道シンポジウム2006講演論文集,pp.113-118,2006

  42. 米道仁史,和田雅昭
    公立はこだて未来大学におけるセンサネットワークの構築
    電気・情報関係学会北海道支部連合大会講演論文集,2 pages in CD-ROM,2005

  43. 武川洋之,畑中勝守,和田雅昭,土池・ュ司,増田稔,上瀧實
    WebGISによる漁船操業情報システムの開発
    電気・情報関連学会北海道支部連合大会講演論文集,pp.186,2004

  44. 坂東充記,土池政司,和田雅昭,畑中勝守,上瀧實
    ワイヤレスLANとIPv6によるラジコンヘリ−地上局間伝送実験
    電気関係学会北海道支部連合大会講演論文集,pp.181,2003

  45. 今正太,和田雅昭,上瀧實,畑中勝守
    デジタルカメラによる無標定点計測の精度評価
    電気関係学会北海道支部連合大会講演論文集,pp.58,2003

 卒業論文・修士論文のテーマ

  1. 服部僚
    定置網漁業における魚種判別アルゴリズムの構築
    平成28年度公立はこだて未来大学卒業論文

  2. 西岡憲汰
    ドローンを用いたタコ樽流し漁での漁具の漂流速度の計測
    平成28年度公立はこだて未来大学卒業論文

  3. 石山将来
    小型漁船における自動操舵に起因した海難防止システムの開発
    平成27年度公立はこだて未来大学卒業論文

  4. 小町嶺太
    たこいさり樽流し漁を対象としたデジタルログシステムの開発
    平成27年度公立はこだて未来大学卒業論文

  5. 伊藤飛雅
    3Dモデルを用いた航行支援システムの開発
    平成26年度公立はこだて未来大学卒業論文

  6. 高橋浩貴
    小型漁船の安定性評価システムの開発
    平成26年度公立はこだて未来大学卒業論文

  7. 長岡英明
    小型船舶のための仮想・戟[・_システムの開発
    平成25年度公立はこだて未来大学卒業論文

  8. 久守玄永
    操業情報を用いた磯根資源量の推定手法に関する研究
    平成25年度公立はこだて未来大学卒業論文

  9. 柴田大輔
    スマートフォンを用いたプレジャーボート向け衝突事故防止アプリケーションの開発
    平成24年度公立はこだて未来大学卒業論文

  10. 大羽隆介
    Android端末による海上衝突防止システムの開発
    平成23年度公立はこだて未来大学卒業論文

  11. 斉藤友貴哉
    汎用Linuxを用いた小型漁船向けGISプロッタに関する研究
    平成22年度公立はこだて未来大学大学院修士論文

  12. 大塚祐樹
    携帯電話を活用した船舶モニタリングシステムの開発
    平成22年度公立はこだて未来大学卒業論文

  13. 近藤孝昭
    AIS非搭載船舶の衝突海難防止ナビゲーションシステムの開発
    平成22年度公立はこだて未来大学卒業論文

  14. 阿部圭介
    ユビキタスブイを用いたホタテ養殖海域の水温予測に関する研究
    平成21年度公立はこだて未来大学大学院修士論文

  15. 西島舞香
    センサネットワークを用いた航行モニタリングシステムに関する研究
    平成21年度公立はこだて未来大学卒業論文

  16. 大屋祥
    沿岸漁業における海底地形図の作成に関する研究
    平成21年度公立はこだて未来大学卒業論文

  17. 中川朋彦
    漁業就業者のための海底地形図データベースに関する研究
    平成20年度公立はこだて未来大学卒業論文

  18. 橋一駿
    カルマンフィルタを用いた無人環境調査船の自動制御
    平成20年度公立はこだて未来大学卒業論文

  19. 斉藤友貴哉
    3次元海洋情報を活用した沿岸漁業支援システムに関する研究
    平成20年度公立はこだて未来大学卒業論文

  20. 花井貴士
    小型漁船を対象としたマリンブロードバンドの構築に関する研究
    平成20年度公立はこだて未来大学卒業論文

  21. 中尾昭裕
    魚群探知機の測深データを活用した海底検出アルゴリズムの考察
    平成19年度公立はこだて未来大学卒業論文

  22. 樋口亮太
    IEEE802.11jを用いたマリンブロードバンドの構築
    平成19年度公立はこだて未来大学卒業論文

  23. 今野悟志
    衛星通信及び無線LANを活用した洋上情報共有システム
    平成18年度公立はこだて未来大学卒業論文

  24. 斉藤研一郎
    無人小型双胴船の自動航行アルゴリズムの構築
    平成18年度公立はこだて未来大学卒業論文

  25. 米道仁史
    マイクロコンピュータによる汎用センサネットワークシステムの構築
    平成17年度公立はこだて未来大学卒業論文

 国外特許

  1. 中国,特許第171076号,イカ釣機制御装置,2004

  2. 韓国,特許第0434993号,イカ釣機制御装置,2004

  3. 韓国,特許第0298479号,イカ釣機制御装置,2001

 国内特許

  1. 特許第5330120号,三次元形状計測装置および半導体集積回路,2013

  2. 特許第4433358号,水深測定装置,2010

  3. 特許第2981732号,自動イカ釣装置,1999

  4. 特許第2946485号,自動イカ釣装置,1999

  5. 特許第2934419号,自動イカ釣装置,1999

  6. 特許第2913547号,イカ釣機制御装置,1999

  7. 特許第2869789号,イカ釣機制御装置,1999

 科学研究費補助・・/a>

  1. 横揺れ制御機能を組み込んだ漁労作業用係留装置の開発に関する研究(2004 - 2007.3)
    基盤研究(B)(2),研究分担者

  2. 三次元海洋計測技術の資源管理型水産業への適用に関する研究(2004 - 2006.3)
    基盤研究(C)(2),研究分担者

  3. ラジコンヘリ搭載デジタルカメラを用いた三次元画像計測技術の研究開発(2001 - 2004)
    基盤研究(B)(1)・C研究分担者

  4. サケの回遊行動自動追跡システムの開発と応用に関する研究(1999 - 2002)
    基盤研究(B)(2),研究協力者

 受託研究の実績

  1. AI/IoTを活用した生産と流通の最適化による持続可能な北海道水産業モデルの構築,5,486千円,平成29年度
    公益財団法人北海道科学技術総合振興センター,地域産学官AI/IoT実証モデル委託事業,研究代表者

  2. マリカルチャビッグデータの生成・分析による水産資源の持続可能な生産と安定供給の実現,5,486千円,9,698千円,平成28年度-
    科学技術振興機構,地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム,研究代表者

  3. ユビキタスブイを用いた海洋観測技術および配信技術研究開発,7,700千円,平成27-28年度
    函館市,研究代表者

  4. 海の中から消費までをつなぐ底魚資源管理支援システムと電子魚市場の開発,7,376千円,4,955千円,平成27-29年度
    農林水産省,農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業,研究分担者

  5. 定置網モニタリングシステム高度化のためのユビキタス魚探とクラウド技術の開発,3,300.003千円,3,375.812千円,2,531.760千円,平成26-28年度
    経済産業省,戦略的基盤技術高度化支援事業,研究代表者

  6. 漁船排出CO2の削減を目的としたICTを活用した定置網漁支援に関する研究開発,1,495千円,6,903千円,3,614千円,平成26-28年度
    総務省,戦略的情報通信研究開発推進事業地域ICT振興型研究開発,研究代表者

  7. 福島町における水産資源管理手法の開発,500千円,500千円,平成25-26年度
    福島町,研究代表者

  8. マナマコ資源管理手法の開発,500千円,平成24年度
    福島町,研究代表者

  9. 小型漁船群による海洋センシングとユビキタス漁業支援に関する研究開発,6,916千円,4,178.2千円,平成23-24年度
    総務省,戦略的情報通信研究開発推進制度地域ICT振興型研究開発,研究代表者

  10. 海洋ユビキタスセンシングのための球状太陽電池を用いた小型電源モジュールの開発,2,379.435千円,1,372.02千円,2429.793千円,平成23-25年度
    経済産業省,戦略的基盤技術高度化支援事業,研究代表者

  11. 操業情報共有による北海道マナマコ資源の管理支援システム開発とガイドラインの策定,7,487千円,3,110千円,2,765千円,平成23-25年度
    農林水産省,新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業,研究分担・メ

  12. 函館マリンバイオクラスター,30,224千円,28,050千円,24,200+25,000千円,20,950+2,656.5千円,21,310千円,平成21-25年度
    文部科学省,知的クラスター創成事業(グローバル拠点育成型),サブグループリーダー

  13. ユビキタスブイを用いたサンゴ礁保全のための水温観測網の構築,5,000千円,平成21年度
    独立行・ュ法人科学技術振興機構,シーズ発掘試験(発展型),研究代表者

  14. マリンブロードバンドを活用したICT漁業の実現とリアルタイム水産資源評価に関する研究開発,6,840.6千円,5,944.9千円,平成21-22年度
    総務省,戦略的情報通信研究開発推進制度地域ICT振興型研究開発,研究代表者

  15. モニタリングブイ作成・設置に関する研究,450千円,平成20年度
    九州地方環境事務所那覇自然環境事務所・C平成20年度慶良間地域エコツーリズム推進事業,研究代表者

  16. 多機能小型計量魚探の開発と総合的沿岸漁業支援環境の構築,1,513千円,1,524.6千円,平成20-21年度
    経済産業省,地域イノベーション創出総合支援事業,研究分担者

  17. 地域資源利用高度化の為の計量魚探開発と漁業支援サービス事業化,1507.8千円,平成19年度
    経済産業省,地域新生コンソーシアム研究開発事業,研究分担者

  18. 海洋ユビキタススセンシングによる冷水塊の解明,2,000千円,平成19年度
    独立行政法人科学技術振興機構,シーズ発掘試験,研究代表者

  19. ドバイへの北海道物産輸出のための海上輸送技術開発と市場調査,3,539千円,2,700千円,1,188千円,平成19-21年度
    農林水産省,平成19年度先端技術を活用した農林水産研究高度化事業,研究分担者

  20. 乾燥ナマコ輸出のための計画的生産技術の開発,910千円,800千円,830千円,平成19-21年度
    農林水産省,平成19年度先端技術を活用した農林水産研究高度化事業,研究分担者

  21. 持続可能な沿岸漁業のためのブロードバンド型漁業情報統合システムの構築,1,505.4千円,2,132千円,8,060千円,平成18-20年度
    総務省,戦略・I情報通信研究開発推進制度地域情報通信技術振興型研究開発,研究分担者

  22. 沖合漁業のためのユビキタスな活動支援システムの研究開発,840千円,420千円,平成16-17年度
    経済産業省,地域新生コンソーシアム研究開発事業,研究分担者

  23. 自律型空間情報取得ムバコンの開発,平成14-16年度
    文部科学省,知的クラスター創成事業(札幌ITカロッツェリア構想),研究分担者

  24. 海難救助支援システムを備えた安全衣,25,100千円,平成10年度
    科学技術振興事業団,独創的研究成果育成事業,プロジェクトリーダー

 共同研究の実績

  1. IoT活用による水産資源見える化システムの研究開発
    株式会社日立産業制御ソリューションズ,6,000千円,6,000千円,平成28-29年度

  2. クラウドを活用した陸上及び船上レーダー画面統合による広域レーダー画面の作成と配信
    独立行政法人海上技術安全研究所,0円,平成26年度-

  3. AIS情報と港湾情報を活用した航行支援に関する研究
    株式会社東洋信号通信社,3,240千円,平成26年度

  4. リアルタイム沿岸情報収集装置の開発
    株式会社環境シミュレーション研究所,4,000千円,平成23年度

  5. 海上から道民へと観測データを発信する試験調査船情報通信システムの構築
    北海道立総合研究機構,105千円,平成22年度

  6. 簡易海洋・マ測システムの実用化に関する研究
    株式会社ゼニライトブイ,1,000千円,平成20年度

  7. 超音波を用いた藻場・底質の可視化に関する研究
    株式会社カイジョーソニック,2,000千円,平成19年度

  8. 無人環境調査船の制御アルゴリズムに関する研究
    有限会社エムアンドエム,287.5千円,平成18年度

  9. 水産業における三次元海底地形の取得と活用に関する研究
    株式会社東和電機・サ作所,2,000千円,平成17年度

  10. 漁船による深浅測量システムの実用化に関する研究
    有限会社エムアン・hエム,287.5千円,平成17年度

  11. IPを用いた移動体の制御に関する基礎研究
    有限会社ネクサス,100千円,平成16年度

  12. マリンネットワークの構築に関する基礎研究
    株式会社東和電機製作所,200千円,平成16年度

 研究助成の実績

  1. 効率的な漁場探査のための小型漁船向け下層水温観測センサの開発
    公益財団法人北海道科学技術総合振興センター研究開発助成事業(スタートアップ研究補助金),1,800千円,平成26年度

  2. ホタテ養殖海域における冷水塊の観測と可視・サ
    財団法人南北海道学術振興財団助成事業,2,000千円,平成19年度

  3. 国際会議 Oceans'06 MTS/IEEE-Boston での発表
    財団法人南北海道学術振興財団助成事業,200千円,平成18年度

  4. 養殖施設設置型定点観測ブイの実用化に関する・ュb研究
    財団法人北海道科学技術総合振興センター基盤的研究開発育成事業,400千円,平成17年度

 奨学寄附の実績

  1. 和田雅昭,5,438.450千円,平成28年度

  2. 株式会社東洋信号通信社,350千円,平成27年度

  3. 北信テレック株式会社,200千円,平成26年度

  4. 株式会社東洋信号通信社,350千円,平成26年度

  5. 株式会社環境シミュレーション研究所,1,000千円,平成22年度

  6. 株式会社ゼニライトブイ,1,000千円,平成21年度

  7. 株・ョ会社ゼニライトブイ,1,000千円,平成20年度

  8. 株式会社ゼニライトブイ,140千円,平成19年度

 ロイヤリティの実績

  1. 株式会社ゼニライトブイ,735千円,平成25年度

  2. 株式会社環境シミュレーション研究所,567千円,平成25年度

  3. 株式会社ゼニライトブイ,462千円,平成24年度

  4. 株式会社ゼニライトブイ,147千円,平成23年度

  5. 株式会社ゼニライトブイ,189千円,平成22年度

  6. 株式会社ゼニライトブイ,210千円,平成21年度

 情報処理技術者試験

・@資格

 委員

 賞罰

 学会活動

 その他の活動

 研究用機材

 リンク

畑中研究室(北海道東海大学)

チームベルーガ

北海道魚道研究会


FUTURE UNIVERSITY-HAKODATE

wada@fun.ac.jp