本学博士前期課程1年の駒込大輔さんと川原祐人さんが山下記念研究賞を受賞しました

本学大学院博士前期課程1年の駒込大輔さん(小野哲雄研究室) と川原祐人さん(高木研究室)が、情報処理学会の平成19年度山下記念研究賞を受賞しました。発表タイトルは、それぞれ、”「ロボット・ミ ーム」の構想 -人-ロボット間の相互適応による文化の学習・伝達・創出の実現-”、「Javaを利用した携帯電話上でのTateペアリングの高速実装”で、各論文の独創性や実用性などが高く評価されました。山 下記念研究賞は、研究会およびシンポジウム発表論文の中から特に優秀な論文を選び、その発表者に授与されるもので、本年度は46人が選考されています。

 

関連リンク

更新 2008/03/13