戸田准教授がED-MEDIA2008でOutstanding Poster Awardを受賞しました

toda_AwardED-MEDIA2008平成20年6月30日~7月4日にオーストリアのウィーンで開催されたED-MEDIA2008 (World Conference on Educational Multimedia, Hypermedia & Telecommunications) において、戸田真志准教授が共著の研究発表

“Scene-Commentary Device: A Tool for the Immediate Reflection over Observed Episodes”

が、Outstanding Poster Awardを受賞しました。この発表では、学びの現場で重要な「観察とリフレクション」という活動に注目し、こ れらを効果的に行うためのシステムを提案しています。
なお、ED-MEDIAは、教育工学分野では世界最大級の国際学会です。

 

関連リンク

更新 2008/07/27