本学博士後期課程修了坂本大介君らが情報処理学会論文賞を受賞

ipsj-best-paper-award本学の博士後期課程を2008年3月に修了した、坂本大介君の博士論文の成果の一部である論文が、平成20年度の情報処理学会論文賞を受賞しました。本賞 は、平 成19年から平成20年にかけて発表された578編の論文から9編を選んで表彰するものです。本論文では、遠隔地間での通信における人の存在感を伝 達するための手段として、遠隔操作型のアンドロイド・ロ ボットを使ったシステムを提案しており、その独創性と有用性が高く評価されています。

更新 2009/06/05