第9回ロボットトライアスロン(室蘭大会)において優勝しました

大会の様子

大会の様子

10月11日(日)に室蘭工業大学で第9回ロボットトライアスロンが開催され、チーム名:FUNBOT(統括:佐々木啓太,チームリーダー:舘山由季,奥崎悟,金野遼一,長村勝也,畑つぐむ,北山史郎,監 修:三上貞芳教授)が参加し、総合優勝をしました。

ロボットトライアスロンとは日本機械学会などの学会が協賛する教育を目的に開かれた大会です。行われる競技は、ラインの上を走るライントレース,障害物回避,空き缶運びの3種目です。今 年から実施された空き缶運びは難易度の高い競技でした。

FUNBOTメンバー

FUNBOTメンバー

9月27日に開催された札幌大会では競技直前のアクシデントにより棄権しましたが、室蘭大会では完走することができました。
また、FUNBOTは、空き缶運びを1往復で10個運ぶという目標を立てロボット製作を行い大会本番で成功させました。

 

 

成績

2009robotra2総合タイムの部:1位 技術力評価の部:1位 アイディアの部:1位
デザイン性の部:4位 ポスターの部:3位
を頂き,総合得点1483点と2位に650点以上差をつけて、昨年に引き続き総合優勝を果たしました。

リーダーの佐々木君は「顧問の三上教授をはじめ、関係者に見守られながら、メンバー一丸となって頑張ることができた。今後は、後輩に道を譲ることになるが、本学の気風を受け継ぎ、こ れまで以上の成果を目指して欲しい。」と感想を述べていました。

 

関連リンク

更新 2009/10/15