平成21年11月6日 特別講演会 「欧州(バチカン)から日本を考える」を開催しました

公立はこだて未来大学特別講演会
欧州(バチカン)から日本を考える

2006年より駐バチカン特命全権大使を務める上野景文氏に、ローマ法王庁でのユニークな体験をも踏まえて、
日・米・欧の大きな違いを宗教・文化・歴 史などの比較から理解する視点をお話しいただきます。

【講演趣旨】: 日本は明治以降,西洋文明の導入に励んできたが,ミスマッチや誤解も少なくなかった。
現に,実際の西洋文明と日本人の咀嚼した洋風要素との間には,ギャップがあることが少なくない。
講演では,文明論的視点から西洋文明の中核を担ってきた法王庁での体験をも踏まえ,
また,日本文明と対比しつつ,西洋文明の本質に迫るとともに,西洋文明との接し方につき考究する。

主 催:公立はこだて未来大学
講 師:上野景文(駐バチカン特命全権大使)
日 時:2009年11月6日(金)18:00-19:00
会 場:公立はこだて未来大学 中講義室R791
受講料:無料
定 員:120名(当日、先着順でご入場いただきます)
問い合わせ先: 公立はこだて未来大学事務局企画総務課企画総務担当
TEL 0138-34-6449

講師略歴
上野景文 (うえの かげふみ)
1948年生まれ。1970年東京大学教養学部卒業を卒業し,外務省へ入省。英国ケンブリッジ大学経済学部修士課程修了。
スペイン公使,メルボルン総領事,駐グアテマラ大使,国際研修協力機構理事を経て,2006年より駐バチカン特命全権大使。
文明論考家,アニミズム論考家としての顔を持つ異色の外交官。
著作に「現代日本文明論―神を呑み込んだカミガミの物語」(第三企画)ほか,論文,エッセイ多数。

更新 2009/11/06