大学見本市「イノベーション・ジャパン2010」(9/29-10/1)に出展しました

大学発「知」の見本市「イノベーション・ジャパン2010」に出展しました。

イノベーション・ジャパンは、大学発の優良な科学技術を産業界や社会のニーズと結びつける「産学官連携」の動きを活発化させるために、全国の大学・研究機関から公募したプロジェクトを厳選して展示する大学見本市です。

本年も2つのプロジェクトを出展、当日の展示風景をこちらにご紹介しました。

 
「イノベーション・ジャパン2010」
●開催期間:9月29日(水)〜10月1日(金)
●会場:東京国際フォーラム(東京・有楽町)

●主催:独立行政法人科学技術振興機構/独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構

本学からの出展プロジェクト
●情報アーキテクチャ学科 柳 英克 教授
「SyncFeel:遠隔地非言語コミュニケーション・デバイス」(出展番号 I-04)

●複雑系知能学科 三上貞芳 教授
「2足歩行ロボットや人間の歩行を安定化する立体足底形状」(出展番号 M-01)

各プロジェクトの展示概要につきましては、下記ウエブサイトからご覧いただけます。

更新 2010/10/01