中垣俊之教授がイグ・ノーベル賞を受賞しました

ユーモア溢れる研究に贈られる「イグ・ノーベル賞」の第20回授賞式が9月30日、米マサチューセッツ州ハーバード大学で開かれ、本学、複雑系知能学科の中垣俊之教授らグループ(9名)が「交通輸送計画賞」を共同受賞しました。

2010年1月にサイエンスに発表した論文において、粘菌の鉄道網設計能力を解き明かしたことが、今回の受賞理由です。
中垣教授は、粘菌の知能が形づくるネットワークの創発的な特性を研究。2000年9月、「アメーバ状生物の粘菌が迷路の最短ルートを解く」という論文をネイチャー誌に発表し、話題を呼びました。2008年にはイグ・ノーベル賞の認知科学賞を受賞、今回は2度目の受賞となります。

●受賞名
第20回 イグノーベル 交通輸送計画賞  IgNobel Transpotation planning prize

●受賞者
中垣俊之(公立はこだて未来大)
マーク・フリッカー(オックスフォード大)
ダン・ベバー(オックスフォード大)
手老篤史(JSTさきがけ)
高木清二(北海道大学)
伊藤賢太郎(広島大学)
小林亮(広島大学)
弓木健嗣(広島大学)
三枝徹(九州大学)

●受賞関連論文:A. Tero, S. Takagi, T. Saigusa, K. Ito, D. P. Bebber, M. D. Fricker, K. Yumiki, R. Kobayashi and T. Nakagaki : “Rules for biologically-inspired adaptive network design”, Science, 327 : 439-442 (2010)
●参考文献:中垣俊之 『粘菌 その驚くべき知性』(PHPサイエンス・ワールド新書、2010)

 

関連リンク

更新 2010/10/01