開催案内:特別講演会「電子出版の現状,読者の変容,図書館の役割」(11/24)

電子書籍に踊らされることなかれ.

■植村八潮(うえむら・やしお)氏 1956年生まれ.東京電機大学工学部卒業後,1978年同大学出版局勤務.2007年より局長,現在に至る. 2007年東京経済大大学院コミュニケーション学専攻博士課程修了.博士(コミュニケーション学). 電子出版・電子書籍の国際標準化の必要性を早くから提唱し, 国内外の電子出版関連委員会やプロジェクトの議長・委員を務めている (IEC (国際電気標準会議) TC100/TA10 マネージャー). 日本出版学会副会長.専修大学・鶴見大学非常勤講師. 主な著作に『電子出版の構図:実体のない書物の行方』(印刷学会出版部,2010年)

<植村八潮(うえむら・やしお)氏>
1956年生まれ.東京電機大学工学部卒業後,1978年同大学出版局勤務.2007年より局長,現在に至る. 2007年東京経済大大学院コミュニケーション学専攻博士課程修了.博士(コミュニケーション学). 電子出版・電子書籍の国際標準化の必要性を早くから提唱し, 国内外の電子出版関連委員会やプロジェクトの議長・委員を務めている (IEC (国際電気標準会議) TC100/TA10 マネージャー). 日本出版学会副会長.専修大学・鶴見大学非常勤講師. 主な著作に『電子出版の構図:実体のない書物の行方』(印刷学会出版部,2010年)

電子メディアの最前線と従来の出版メディアの両方に精通する出版人,植村八潮氏. 電子メディアがどのような時代を作るのかを知りたければ社会とメディアの歴史を振り返ってみればいい. 本のあり方を知りたければ読者と著者と編集者の関係を見つめ直せばいい. 図書館の役割を知りたければ知の共創に思いを馳せればいい. 声の文化,文字の文化,印 刷文化の流れの中で出版の果たしてきた役割をマクロにとらえ直し,そ れをビジネスとして昇華してきた植村氏をゲストにお迎えし, ずはり本の未来とは,日本独自の電子出版のかたちとは,電 子書籍端末とブームの行方は, 理系大学専門図書館の未来像について縦横無尽にお話を伺う.

日   時:2011年11月24日 18:30 ~ 20:00
場   所:公立はこだて未来大学 講堂
料   金:参加費無料 事前申込不要 当日先着順 定員280名
問い合わせ:公立はこだて未来大学 事務局企画総務課 
TEL 0138-34-6448

更新 2011/10/21