マリンIT・ラボが、船舶の位置情報を共有するiPadアプリ「marine PLOTTER」をリリース

20120521_marinePLOTTER2012年5月21日、本学のマリンIT・ラボ(代表:和田雅昭教授)※は、iPadで船舶の位置情報をリアルタイムで共有するアプリケーション「marine PLOTTER」をリリースしました。同 製品は、アップル社のアプリケーション販売サイトApp storeで取り扱われます。
(※2012年度より新設のコ・ラボ制度に伴い、マリンIT共同研究チームの新名称は「マリンIT・ラボ」と なりました)

marine PLOTTERは、もともと漁業者の漁業資源管理支援のための研究用ツールとして開発したものですが、フェリーの航海士などにも利用が拡がってきたことから,よ り多くの方に研究成果を活用していただくことを目的として、一般向けに開発・販売したものです。旅客船や貨物船の運航支援、漁船の操業支援、プレジャーボートの遊漁支援などに活用することができます。

本アプリケーションでは、Googleマップ上に船舶の航跡を表示することができますが、位置情報を取得するサーバはユーザご自身で準備していただく必要があります。データフォーマットにつきましては、ホームページ(下記リンク)をご参照ください。

 

主な機能

進路,速度のベクトル表示
船名表示
航跡表示
緯度、経度、進路、速度のテキスト表示
船舶リストの表示、並べ替え
重畳表示
自動追跡モード

 

注意事項

本アプリケーションは船舶の位置情報の共有を目的としたものです。安全上の理由から航海に使用することはできません。

 

問合せ先

情報アーキテクチャ学科 和田雅昭教授
center-ml ◎ fun.ac.jp (社会連携センター)
※ 「 ◎ 」の表記は「@」に置き換えてください

 

関連リンク

更新 2012/05/23