福島地域マリンビジョン推進協議会「浜を豊かにする講演会」にて和田雅昭教授が講演

3月19日(火) 北海道松前郡福島町の青函トンネル記念館シアタールームにて開催された「浜を豊かにする講演会」(福島地域マリンビジョン推進協議会主催)に、本学情報 アーキテクチャ学科の和田雅昭教授がゲスト講演者として参加、「電子箱メガネで見る前浜」というタイトルで講演を行いました。

本学では、福島吉岡漁業協同組合および福島町との間で、2011年10月に水産業の振興および相互発展に関する協定を締結、和田教授が中心となってマリンIT分野での共同研究等に取り組んでいます。同講演会への参加協力も、この連携の一環として実施されたものです。

和田教授は、「電子箱メガネで見る前浜」というタイトルで講演を行い、海中を観察する箱メガネのように海の中の様子を知るiPadを使った情報可視化システムについて紹介しました。 GPSを使って漁師が航行した位置を計測し、iPad上で航行データを見るとともに、捕れた漁獲量と捕れた水深を合わせて表示することで、その水域の水産資源を知る重要なデータベースを構築できるというものです。

講演会は、北海道大学大学院水産科学研究院の山下成治准教授進行のもと、3部構成で行われました。第1部では、福島マリンビジョンの展開方向と情 報コミュニケーションをテーマに、和田教授のほか、北海道大学水産科学研究院と 同水産学部の学生が発表を行いました。第2部では同じく北大水産科学研究院と水産学部の学生が、福島町の漁業の あり方について考察した研究発表を行いました。

また第3部では、「福島地区マリンビジョンで守ること・生み出すこと」をテーマに、町民を交えた討論が行われま した。福島地区の漁業をもっと活発にするにはどうしたらよいか、福島町のよさをアピールしたい、地域防災の危機意識を改めて感じた、などの意見が出され、 双方から議論が活発に行われました。

※ 講演会の詳細についてはこちらもご参照ください。
福島マリンビジョン 3月のニュース(PDF)

本学では社会連携センターを中心に、
今後もこうした地域社会との連携を積極的に推進してまいります。

本件のお問い合わせ先

公立はこだて未来大学 社会連携センター
TEL: 0138-34-6411
E-mail: center-ml ◎fun.ac.jp
※ 「 ◎ 」の表記は「@」に置き換えてください

 

関連リンク

 

和田教授の講演

和田教授の講演

来場者の様子

来場者の様子

左:和田教授、右:和田研究室の高研究員

左:和田教授、右:和田研究室の高研究員

「浜を豊かにする講演会」 発表者の様子

「浜を豊かにする講演会」 発表者の様子

更新 2013/03/22