本学での講演、学生や教員との白熱議論を収録した結城浩さん講演集『数学ガールの誕生』が出版へ

mathgirl数学を題材とした人気小説「数学ガール」シリーズの著者、結城浩さんによる本学での講演、学生や教員との質疑応答や白熱したディスカッションなどが収録された講演集「数学ガールの誕生 理想の数学対話を求めて」(ソフトバンククリエイティブ)が、2013年9月に出版されました。

元となった講演会は、本学の高村博之教授が、コミック版「数学ガール」を題材とした高村研究室学生の卒業論文を結城浩さんに送ったことがきっかけとなり、本 学情報ライブラリーを会場に2012年5月に開催されました。パブリックな場での講演は基本的に行わないとする結城さんですが、卒業論文を通じて本学の学内セミナーとして実現に至ったものです。

本書は3部構成で、第1部「公立はこだて未来大学講演」で、講演録に併せて、発言した本学の教員・学生らが実名で登場し、「数学ガール」シリーズの読者との向き合い方、教えることと学ぶこと、登 場するキャラクターの魅力などについて、活発な議論が収められています。

書誌情報

講演集 数学ガールの誕生 理想の数学対話を求めて
著者 結城浩
出版社:ソフトバンククリエイティブ
発行日:2013年9月28日
ISBN-13:978-4797373257

 

関連リンク

更新 2013/10/03