本学大学院生3名(2件)がIPA2013年度「未踏IT人材発掘・育成事業」に採択

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)による2013年度未踏IT人材発掘・育成事業に、本学大学院生が提案した下記2件のプロジェクトが採択されました。

クリエータ:鈴木孝宏(本学修士1年)
採択テーマ:スマートフォン向け文章入力システムの開発

 

クリエータ:権瓶匠(本学修士2年)、村山寛明(本学修士2年)
採択テーマ:マンガ作家の海外展開を支援するプラットフォームの開発

 

IPA未踏IT人材発掘・育成事業は、IT技術を駆使したイノベーション創出ができる、独創的なアイデアを持った若手クリエータを発掘し育成する事業です。若手IT人材にとっての登竜門といえます。今 年度は、119件の提案から17件のプロジェクトが採択。その狭き門をくぐって本学から2件が選ばれました。
採択されたプロジェクトは、今後約9ヶ月間にわたり、国内トップレベルのプロジェクトマネージャーの指導のもと進められます。プロジェクト終了後、特に優れた成果を修めた場合は「スーパークリエータ」と して認定されます。

更新 2013/10/04