パテントコンテストで学部1年の倉茂雄人さんが優秀賞および選考委員長特別賞を同時受賞

平成28年度パテントコンテスト(主催:文部科学省,特許庁,日本弁理士会,(独)工業所
有権情報・研修館)にて、システム情報科学部1年の倉茂雄人さんの作品「掲示用ストッパー」が優秀賞および選考委員長特別賞を同時受賞しました。

このコンテストは、生徒・学生が自ら考えた発明について応募するもので、入賞発明については、出願支援対象作品として専門家のサポートのもと、実際に特許庁に出願し特許権取得までの手続を行えます。

倉茂さんは、大学内工房の「3Dプリンタ」を活用し発明品を制作、大学教職員のアドバイスを受けコンテストに応募しました。

今回のコンテストでは340件の応募の中から、倉茂さんを含む31件が優秀賞に選ばれました。また倉茂さんは、優秀賞の中でも特に優れた作品に贈られる主催者賞である「選考委員長特別賞」もあわせて受賞しました。

1月23日、東京都千代田区丸の内のJPタワーホール&カンファレンスで表彰式が行われ、パテントコンテスト選考委員長の毛利衛さん(日本科学未来館長)から賞状が授与されました。

写真は受賞報告のため学長室を訪れた倉茂さんと片桐学長。
受賞報告のため学長室を訪れた倉茂さんと片桐学長

関連リンク:
パテントコンテスト表彰式・結果報告((独)工業所有権情報・研修館)
パテントコンテストWEBサイト(同上)

更新 2017/01/26