博士後期課程の小林潤平さんが人工知能学会で全国大会優秀賞を受賞

小林潤平さん(発表時博士後期課程3年,川嶋稔夫研究室)が、2016年6月に北九州市で開催された2016年度人工知能学会全国大会において全国大会優秀賞を受賞しました。同賞は、同大会で優秀な研究を発表したものに与えられるもので、小林さんは2013年、2014年に引き続き3回目の受賞となります。

関連リンク:
一般社団法人 人工知能学会受賞者【全国大会優秀賞】

受賞論文:
「文節単位の視点移動を促す日本語リーダーの読書アシスト効果」

更新 2017/04/06