進路選択支援

就職ガイダンスの開催

3年生の4月から全19回の就職ガイダンスを開催します。キャリアについて考える講座、公務員講座、自己分析セミナー、適職適性考査、エントリーシート、履歴書講座、実践模試、マナー講座、個別面接講座などを行っています。


インターンシップの実施

インターンシップとは、在学中に企業や官公庁などで就業を体験することです。実際の社会を先取りして体験することにより、学生本人が自己の適性を知り、社会への関心を持ち、進路を考える良い機会となります。主に3年生の夏季休暇期間中に実施し、体験した成果は単位として認定されます。


就職委員会

就職委員会は教員12名で構成していて、各教員が進路に関する相談をはじめ、就職に関する指導、アドバイスを行うなど、学生一人ひとりに対するきめ細かい対応をしています。
就職委員会名簿はこちら


就職資料室の設置

就職資料室は、企業などの採用情報やパンフレット、参考書など、就職に関わる各種資料を備え、学生が自由に使用できるよう開放しています。また、就職資料室にはキャリアアドバイザーが常駐し、進路相談、履歴書の書き方や面接指導なども行っています。


就職ガイドブックの配付

本学が独自に作成した就職ガイドブックを3年生に無料配付しています。本学の就職状況や卒業生の就職先一覧などを掲載しており、就職活動の参考資料として活用されています。


資格取得支援

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が主催する国家資格「基本情報技術者」取得のための対策講座を実施しています。また、本講座はIPAより「基本情報技術者」資格試験における”午前試験免除制度”の適用を受けています。本学の講座を修了することで、資格試験受験の「午前の部」が免除されます。