高度ICT演習について

 

高度ICT演習では

実社会の課題やニーズを理解し、適切な情報システムによって
問題解決につなげるための、提案から実装までの演習を行います。
学部生・大学院生を交えたコース横断プロジェクトチームでの相互スキルアップを図ります。

高度ICT演習イメージ図

2017年度テーマ紹介

Fintech

近年,”Finance” と “Technology” を掛け合わせた ”FinTech” が注目されている.特にブロックチェーン技術を応用した,仮想通貨は社会の基本構造を大きく変える潜在能力を持っている.私たち学生には,学生生活の中における友人関係や生活を第一に考えたとき,金銭による取引が適していない場面が多く存在する.例として”友人に課題や講義について教えてもらった際のお礼”が挙げられる.本プロジェクトでは例に挙げたような場面で ”金銭ではない通貨” によって ”新たな価値による取引” を実現させるため,仮想通貨 FUNney のシステム企画・設計・開発を行う.

FUNsys

私たちは,学生が自発的かつ容易に学内アプリケーション及びシステムを開発出来るように,未来大の様々な情報をAPI化する活動を行っている.未来大には講義情報,成績情報などのデータがあり,学生の中にはそれらを用いてアプリケーションの開発をしたいと考えている学生がいる.しかし,データが分散されているため,データの整形に手間がかかる.加えて,学内ネットワークにアクセスしていないと取得できないデータも存在する.そこで,私たちは,APIを作成することで,未来大にあるデータへのアクセサビリティを向上させることを目指す.

おさかな前線

おさかな前線班では、漁業者を対象として計画的な漁業経営を支援することを目的として活動しています。漁業者は不安定な漁獲により、計画的に経営を行うことが困難です。そこで私たちは、明日の漁獲量が分かる漁業版桜前線「おさかな前線」の開発をしています。現在は、機械学習の勉強会や過去のイカの漁獲量を地図上にマッピングし可視化を行っています。今後は、機械学習を用いて過去の漁獲量や海水温などのデータから未来の漁獲量の予測を行う予定です。

水温センサ

近年、イカの漁獲量が減少している。その原因の一つに地球温暖化による海水温の変化がある。その変化に伴い、イカの生息地も変化する。そこで、下層水温観測センサを用いて海水温のデータを収集し、イカの漁場を予測するためのイカ漁支援システムを開発している。従来の下層水温観測センサは大型かつ高価であり、専門家が使用するものであった。そのため、昨年度までの取り組みにより、漁業者が扱いやすい小型で安価なセンサを開発した。現在はそのセンサから得られたデータを収集し、活用するためのAndroidアプリを開発している。

はこだてMap+

本プロジェクトは、LODを用いて地域情報の公開と活用を促進し、地域活性化に貢献することを目的として活動しています。今年度は昨年に引き続き、函館観光アプリ「はこだてMap+」のiOS版とAndroid版の開発に取り組んでいます。本アプリの評価実験から得たフィードバックを参考にしつつ、UIUXの改善と新機能の実装を行おうと考えています。

はこだてSweet

函館市では函館スイーツの情報をWebサイトとパンフレットで公開しています。しかし、現状のWebサイトでは店名のみでしか検索することができず、現在位置から近くにあるスイーツ店を知ることができません。そこで、私たちは店名だけでなく商品や現在位置などからスイーツ店を知ることができるアプリを作成し様々な検索方法で函館のスイーツ店を知ることができるようにします。

キーコ紀行

本プロジェクトは、昨年に木古内町観光アプリ「キーコ紀行」をAppStoreにリリースしました。そのアプリを用いて木古内町で一般の方々に実証実験を行い、アプリのレビューをいただくことができました。またその際、「Androidにも対応してほしい」という意見が特に多く聞かれました。そこで今年度はiOS版のアップデートとAndroid版のリリースを目標に活動しています。ポスター発表では、具体的にどのようなアップデートを検討しているのかや、どういう点で開発に苦労しているのか等を紹介する予定です。

バスロマン

未来大生のバス利用を支援するアプリ開発を行っている。手軽な到着時刻情報の検索や、乗り過ごし防止の通知機能などを実現し、バスによって生じている未来大生の学校生活の支障を軽減することを目指す。アプリの構想にあたり、未来大生50人を対象にバスへの要望や問題の改善案などについてアンケートを実施し、未来大生ならではの課題を調査した。現在は要件定義が終了しており、今後は設計や本格的な実装作業を中心に進めていく。

年間スケジュール

4月 高度ICT成果発表展
開講ガイダンス
初回オリエンテーション
7月 夏期集中レビュー会
8月 オープンキャンパス
前期成果発表会
11月 アカデミックリンク
1月 後期成果発表会
2月 課外成果発表会in秋葉原
3月 PBL Summit