個別の入学資格審査

学校教育法施行規則第150条の規定により高等学校を卒業した者と同等以上の学力が あると認められる者のうち、個別の入学資格審査により出願を希望する者は、事 前に本学の出願資格の認定を受けることが必要です。申請は、入学資格の認定を必要とする2か月前となりますので、事前に教務課入試・学生募集担当(電話0138‐34‐6444)にお問い合わせください。

公立はこだて未来大学入学資格審査要項

(趣旨)
第1条 この要項は、公立はこだて未来大学(以下「本学」という。)学則第15条第9号に規定する個別の入学資格審査(以下「審査」という。)について必要な事項を定めるものである。
(申請)
第2条 本学への入学を志願する者で審査を受けようとする者(以下「申請者」という。) は、次に掲げる書類により申請しなければならない。
(1) 入学資格審査申請書(別記第1号様式 (PDF)  (WORD)
(2) 最終学校の卒業(修了)証明書または卒業(修了)見込証明書
(3) 当該校の教育課程に係る規則等(修業年限、授業科目、標準単位数、週当たり授業  時数および年間授業週数が明示されているもの)
(4) 教科・科目の履修状況(調査書または調査書に準じたもの)
(5) その他本学が必要と認める書類
(申請期日)
第3条 前項の申請は、原則として入学資格の認定を必要とする2か月前までに行わなけ ればならない。
(審査)
第4条 審査は、公立はこだて未来大学入学試験委員会において行う。
(認定基準)
第5条 入学資格の認定基準は、高等学校学習指導要領に定める各教科・科目および総合 的な学習の時間の授業時数を履修し、かつ、次の各号に掲げる教科について、
当 該各号に掲げる科目の単位時間数の教育課程を修了した者または修了見込みの者とする。
(1) 国語    国語70単位時間以上
(2) 地理歴史  世界史35単位時間以上および日本史または地理35単位時間以上
(3) 公民    現代社会70単位時間以上または倫理および政治・経済70単位時間以上
(4) 数学    数学70単位時間以上
(5) 理科    総合理科、物理、化学、生物および地学から2科目以上にわたり70単位時間以上
(6) 外国語   70単位時間以上2 前項の教科・科目および総単位時間数は、その4分の1までを他の学習における教科 ・科目の単位時間で代えることができる。
(認定)
第6条 審査の結果については、入学資格を認めた者には「入学資格認定書」を交付し、入学資格を認めなかった者には書面により通知する。
(認定の取消)
第7条 申請者が教育課程を修了見込みで申請し、認定された場合において、その要件が 満たされないときは、入学資格認定を取り消す。
(事務)
第8条 審査に係る事務は、教務課において処理する。
(補足)
第9条 この要項に定めるもののほか、審査に関し必要な事項は、学長が別に定める。
附 則
1 この要項は、平成15年11月21日から施行する。
2 第3条の規定にかかわらず、平成16年度の入試に係る審査に関しては、同項中「 原則として入学資格認定書を必要とする2か月前までに」とあるのは「平成16年1月21日(水)まで」と読み替えて同項の規定を適用するものとする。
附 則
この要項は、平成18年5月19日から施行する。