求める学生像(アドミッション・ポリシー)

公立はこだて未来大学は「オープンスペース・オープンマインド」をモットーとし、システム情報科学に関わる、高い専門能力、問題探究力・構想力、情報表現能力・チームワーク力、学び続ける力、専門家としての人間性という5つの素養を育むことを目標としています。
この目標に向けて、教養基礎科目群、コミュニケーション科目群、コース共通専門科目群、各コースの専門科目群を設けて知識と技術、解決力、コミュニケーション力を身につけるとともに、プロジェクト学習をはじめとする演習・実習、討論、フィールドワーク等を通じて、学生の主体的な学びの姿勢を育みます。そして学部教育の集大成として、卒業論文を執筆し発表します。

そのため、次のような人を求めます。
・上記教育カリキュラムを受けるにふさわしい学力、技能、論理的思考力を備えていること
・多様な学問領域を基盤とするシステム情報科学分野に強い関心と興味を有していること
・計算論的思考力を養い、情報論的社会観を身につけ、未来に貢献しようとする意欲を持つこと

(選抜方法の趣旨)
多様な入学者選抜方式を採用し、本学での学習に強い意欲を持つ人を受け入れることを目指しています。

一般選抜入試(前期日程)

システム情報科学分野に関わる専門家となることを目指し、理数系および英語に関する総合的な学力と知識の運用力、論理的思考力を有する。

一般選抜入試(後期日程)

システム情報科学分野に関わる専門家となることを目指し、理数系および英語に関する高い学力を有する。

AO入試

・システム情報科学分野に強い関心と興味を有し、理数系および英語に関する十分な基礎学力を持つ。さらに、論理的思考力をもって、問題解決、適切な説明、多様な表現のいずれかができる。
・システム情報科学分野の学びに繋がる突出した技能、理数系学力を有し、実社会との関わりを経験し、それらを明確に表現・説明することができる。

特別選抜(推薦)入試

システム情報科学分野に強い関心と興味を有し、理数系および英語に関する十分な基礎学力を持ち、主体的かつ継続的な学習意欲に溢れ、論理的思考力をもって適切な説明ができる。

編入学試験

システム情報科学分野に強い関心と興味を有し、理数系および英語に関する十分な学力と知識の応用力、および専門領域に関する知識と技能を身につけ、論理的思考力をもって問題解決,コミュニケーションができる。

 

 

学士課程において求める学生像と資質・能力の測定方法
試験区分 求める学生像 試験の概要 試験方法 実施時期
大学入試センター試験 理数系および英語に関する学力を中心に本学教育にふさわしい学力を有しているかを評価するために,一般選抜において大学入試センター試験を課している. 国語(現代文),数学(数学I・数学Aを必須とし,数学II・数学Bあるいは情報関係基礎を選択とする),理科,英語(リスニングを含む)を課す. 1月
一般選抜個別学力検査
(大学入試センター試験を課す前期・後期日程試験を実施)
前期日程 システム情報科学分野に関わる専門家となることを目指し,理数系および英語に関する総合的な学力と知識の運用力,論理的思考力を有する. 本学でのカリキュラムを受けるにふさわしい学力,技能,論理的思考力を評価する.理数系科目の基礎となる数学および重要性の高い外国語である英語の記述試験にもとづいて選抜する.出題に当たっては,知識の運用力および論理的思考力を重視した出題を行う. 書類選考(調査書),大学入試センター試験,学力検査(数学および英語) 2月
後期日程 システム情報科学分野に関わる専門家となることを目指し,理数系および英語に関する高い学力を有する. 個別学力試験は課さずに,大学入試センター試験の得点を以て,理数系および英語に関する学力を評価する. 大学入試センター試験,書類選考(調査書) 3月
AO入試 システム情報科学分野に強い関心と興味を有し,理数系および英語に関する十分な基礎学力を持つことに加え,論理的思考力をもって,問題解決,適切な説明,多様な表現のいずれかができる.同分野の学びに繋がる突出した技能,理数系学力を有し,実社会との関わりを経験し,それらを明確に表現・説明することができる. 理数系および英語に関する基礎学力を基礎学力検査により評価するとともに,出願書類・資料およびそれに基づくプレゼンテーションと質疑を通じて,志願者のシステム情報科学分野における関心と興味,独自に獲得した技能,論理的思考力・表現力,および積極性・主体性などを評価して,選抜を行う. 書類選考(自己推薦調書,自己推薦資料,調査書),基礎学力検査(外国語(英語)および選択(数学,情報科学,デザインから一つを選択)),面接(プレゼンテーションおよび質疑) 11月
特別選抜(推薦)入試 システム情報科学分野に強い関心と興味を有し,理数系および英語に関する十分な基礎学力を持ち,主体的かつ継続的な学習意欲に溢れ,論理的思考力をもって適切な説明ができる. 理数系および英語に関する基礎学力を基礎学力検査により評価するとともに,高等学校における平素の学習や活動の成果に基づいて面接を行い,システム情報科学に関する関心や興味,主体性や学習意欲,ならびに論理的思考力を総合的に評価する. 書類選考(学校長推薦調書,調査書),基礎学力検査(外国語(英語)および数学),面接 12月
編入学試験 システム情報科学分野に強い関心と興味を有し,理数系および英語に関する十分な学力と知識の応用力,および専門領域に関する知識と技能を身につけ,論理的思考力をもって問題解決,コミュニケーションができる. 理数系および英語に関する十分な学力,および専門領域に関する知識を身につけていることを学力検査により評価する.さらに,面接を行い,論理的思考力を測るとともに,問題解決能力,コミュニケーション能力を評価して選抜を行う. 書類選考(調査書),学力検査(数学,英語,およびアルゴリズム),面接 6月