enPiT-BizApp × 公立はこだて未来大学

facebook's FUNenPiT page  twitter'senpit 第2期enpit

enPiTとは(第1期)

大阪大学を中心とした全国の15大学は、2013年4月より、クラウドコンピューティング技術、セキュリティ技術、組込みシステム技術、ビジネスアプリケーション開発の4分野において、プロジェクト型学習(PBL)を中心とした実践的な情報教育を開始し、情報技術を活用して社会の具体的な課題を解決できる人材を育成します。本事業は、多数の大学、企業、団体等と密接に連携し、全国的な「分野・地域を越えた実践的教育協働ネットワーク(通称:enPiT エンピット)」を形成することにより、実践的な教育を実施・普及することを目的としています。なお、本事業は、文部科学省「情報技術人材育成のための実践教育ネットワーク形成事業」の一環として行われます。

enpit mapenpit fun

代表挨拶 greeting

代表者:大場みち子教授

代表:大場みち子教授

ごあいさつ

ICTは今や日々の生活や産業活動を支える社会インフラです。一方、我が国は東日本大震災からの早期復興やエネルギーの安定供給、少子高齢化、日々変化するグローバル・ビジネスへの対応など社会的な課題が山積しています。これらの課題を解決するためには、ITを活用して企業、自治体、国などの組織を超えた取り組みができる高度IT人材が不可欠です。このような背景のもと、公立はこだて未来大学では、文部科学省の支援を受けて「情報技術人材育成のための実践教育ネットワーク形成事業」(2012〜2016)に「ビジネスアプリケーション分野」の連携校として参加し、産学連携のPBL(Project Based Learning)に取り組んでおります。

公立はこだて未来大学では、学部3年生必修の「システム情報科学実習(プロジェクト学習)」(2002〜)、課外実習の「実践的ICT人材育成講座(寄附講座)」(2007〜2010)を経て、正規の「高度ICTコース」へ移行して、PBLをベースとする実践的教育に取り組んでいます。今回の事業では、「ビジネスアプリケーション分野」のシステムを連携校、参加校などの他大学とのコラボレーションで開発することにより、高度な ICT人材を育成していきます。
この取り組みに賛同し、本学と共にPBLを実施することを希望する参加校を募集しております。

プログラム program

事前学習:4-7月

「ICTデザイン通論」
(既存科目)2単位(科目担当者:伊藤恵)

本学教員および学外のICTシステム設計分野の複数の専門家が連携して、最先端の技術動向や実践的な技術について講義を行う。本講義を通じて受講者は実践的な技術の一端や技術者が経験する実際上の問題と課題を理解し、総合的な判断力を養う。

「e-learningを用いた基礎知識習得」
0単位(自習)

既存のe-learning教材を用いて、OSやデータベース、Javaプログラミング、ネットワーク、Webアプリケーション開発、システム開発技法などに関する基礎的な知識の習得と、Javaプログラミング演習教材を用いたプログラミングスキルアップを行う。

短期集中合宿:8-9月の間の1週間

「サービスデザイン」
(新規時限科目)2単位(科目担当者:大場みち子、他)

新しいサービスやビジネスのしくみをデザインするために、ビジネスモデルのフレームワークにより、ビジネスを分析・企画することを学ぶ。ビジネスモデルのバリエーションを具体的な事例を通して学び、アイデアを広げる。講義で学んだ内容に対し、ビジネスモデルをデザインする演習を通じて実践的に理解する。講義とグループワーク、ディスカッション、発表会でのプレゼンテーションを行う。

分散PBL:10-1月

「システム開発PBL」
(新規時限科目)0単位(各大学の担当教員)

未来大学または参加大学にて、ビジネスアプリケーションをテーマとしたシステム開発をPBL(Project Based Learning)形式で遂行する。併せて、ポスター作成、発表会での発表、報告書の作成を行う。

ご参加いただくためには

お問い合わせください。                                                                                                     enPiT◎fun.ac.jp(※「◎」の表記は「@」に置き換えてください。)

 

参加条件 participation requirements

参加大学(五十音順)

会津大学

岩手県立大学

室蘭工業大学

 

協力企業一覧 cooperating companies

ご協力いただいている企業

  • 株式会社ジャパンテクニカルソフトウェア
  • 株式会社ハイマックス
  • 株式会社エスイーシー
  • 常磐システムエンジニアリング株式会社
  • 富士通株式会社 ミッションクリティカルビジネスグループ
  • 日立INSソフトウェア株式会社
  • 株式会社サムシングプレシャス
  • 株式会社ABEJA
  • 新日鉄住金ソリューションズ株式会社
  • 株式会社ジースタイラス
  • 東京海上日動火災保険株式会社
  • 日鉄日立システムエンジニアリング株式会社
  • ニフティ株式会社
  • 函館蔦屋書店株式会社
  • 株式会社ホンダ・リサーチ・インスティチュート・ジャパン