特別講演会「心の点火術」を開催(12/01)

吉村司さんはソニーの社員として、研究活動の傍ら、世界を舞台に壮大な社会貢献活動に取り組んできました。アフリカ、コートジボアールの無電化地域における2014 FIFAワールドカップのパブリックビューイングや、東京の中小企業が中心となった深海探査機「江戸っ子1号」開発プロジェクトへの“有志”としての参加など、吉村さんの携わったプロジェクトに、最初から恵まれた環境が用意されていたものはありません。多くは、社内での本業を終えた「放課後」の取り組みからのスタートです。「予算も人もモノも時間もない」状況から、会社内外の多くの人が吉村さんに共感して仲間となり、ともに困難を乗り越え、プロジェクトを実現してきました。その術について、心の点火者・吉村さんに語っていただきます。

  • 開催概要
    公立はこだて未来大学特別講演会
    心の点火術
    ひとりの会社員が取り組んだ「放課後の天職」とは――
    日時:2014年12月1日(月)18:30~20:00(開場18:00)
    会場:函館市中央図書館 視聴覚ホール(函館市五稜郭町26-1)
    講師:吉村司(株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所シニアマネージャー・チーフプロデューサ)
    定員:150名(申込不要、当日先着順)
    参加費:無料
    お問い合わせ:公立はこだて未来大学社会連携センター TEL:0138-34-6549(平日9:00~17:00)
  • 講師略歴
    yoshimura
    吉村司(よしむら・つかさ)
    ソニー株式会社1984年入社。6つの研究所を経て、現在ソニーコンピュータサイエンス研究所チーフプロデューサ。新技術が新ビジネスに結びつかない「死の谷(Death Valley)」を埋める仕事をしている。最近は、アフリカやアジアの無電化地域での電力供給やサッカーのパブリックビューイング実証実験などの社会貢献プロジェクトの中での「プロジェクト論」研究を通して、この問題に取り組んでいる。
  • 特別講演会チラシ
    20141201yoshimura
    チラシPDFファイル
  • 関連リンク
    ソニー、予算0円から始まったW杯パブリックビューイング(オルタナS)
    吉村司(ソニーコンピュータサイエンス研究所)

更新 2014/11/04