公開講座「快適な道案内を目指して」を開催(10/1)

現在、カーナビだけでなく、スマートフォンにもナビゲーション(道案内)機能が備わっており、目的地までの最短経路を示します。涼しい道、走りやすい道、凸凹の少ない道がわかれば、より快適ではないでしょうか?道案内に役立つ情報を集める技術として、都市センシングに焦点を当て解説します。

  • 開催概要
    快適な道案内を目指して
    都市センシングって何だろう?
    日時:2016年10月1日(土)13:30-15:00
    会場:公立はこだて未来大学 4F C&D494教室 (函館市亀田中野町116-2)
    講師:白石陽(公立はこだて未来大学 情報アーキテクチャ学科 教授)
    定員:30名(要事前申込、先着順)
    対象:高校生以上
    参加費:無料
    お問い合わせ・参加申し込み:公立はこだて未来大学社会連携センター
    TEL:0138-34-6549(平日9時~17時受付)
  • 講師プロフィール
    shiraishi
    白石陽(公立はこだて未来大学 情報アーキテクチャ学科 教授)
    センサや位置情報を活用したモバイル情報システムの開発と、その要素技術を研究。
    公立はこだて未来大学教員プロフィール 白石陽
  • 公開講座フライヤー 制作:佐賀吉憲(株式会社ガーデン)
    2016openlecture
    201610公立はこだて未来大学市民公開講座(PDFファイル)
    ※今年度の市民公開講座は10月に3回開催します。
    「ネットワークと最適化の数学 カーナビから機械学習まで」(10/8)、「IT技術が創る未来の水産業」(10/22)の参加申込みもお待ちしています。

更新 2016/09/09