特別講演会「デザインと人間の未来」を開催(10/5)

  • 開催概要
    公立はこだて未来大学特別講演会
    デザインと人間の未来
    日時:2017年10月5日(木)18:30~20:00(開場18:00)
    会場:公立はこだて未来大学 講堂(函館市亀田中野町116-2)
    講師:久保田晃弘(多摩美術大学 美術学部 情報デザイン学科 教授)
    定員:200名(申込不要、当日先着順)
    参加費:無料
    お問い合わせ:公立はこだて未来大学社会連携センター TEL:0138-34-6549(平日9:00~17:00)
  • 内容紹介
    科学技術が社会に普及浸透していくためには、文化的、芸術的なアプローチが必要不可欠です。人工知能の普及、ロボットやサイボーグの誕生なので、私たちの日常生活の中にさまざまな「他者」が入り込み始めました。私たち人間はそんな「他者」とどのように共存し、どのように自らを維持、進化、変容させていけばいいのでしょうか。
    また、人間のための技術やデザイン、あるいは擬人化された知性や身体を超えて、私たちの想像力はどこまで遠くに行けるのでしょうか。「一体何が、これからのデザインや芸術になり得るのか?」をみなさんと一緒に考えていきたいと思います。
  • 講師略歴

    久保田晃弘
    多摩美術大学 美術学部 情報デザイン学科 教授
    1960年生まれ。東京大学大学院工学系研究科船舶工学専攻博士課程修了・工学博士/非線形数値流体力学、人工物工学(設計科学)に関する研究を経て、1998年から現職。自然知能と知能の美学、ライブ・コーディングと自作楽器によるサウンド・パフォーマンスなど、さまざまな領域を横断・結合するハイブリッドなメディア芸術の世界を開拓中。平成27年度芸術選奨文部科学大臣賞(メディア芸術部門)を受賞。
  • 特別講演会フライヤー

    制作:佐賀吉憲(株式会社ガーデン)
    ※画像はpdfファイルにリンクしています
  • 関連リンク
    多摩美術大学 教員紹介 久保田晃弘
    ARTSAT×SIAFラボ 札幌国際芸術祭
    space-moere.org 宇宙から見える彫刻、宇宙から聞こえる即興演奏

更新 2017/09/05