教員紹介

木村 健一

教授
KIMURA, Kenichi

学生へのメッセージ

機が熟している場面を見出す「啐啄(そったく)同時」を座右の銘に、デザイン教育・研究をしています。

仕事の紹介

東京藝術大学で彫刻を作っていたのですが、映画、音楽、演劇、美術の4分野の新人を積極的に紹介していた「ぴあ」という情報誌で、デザイナーの成果や活動を伝える記事を書く仕事につきました。
デザイナーを取材し、原稿用紙にむかって鉛筆で書くという幸福な生活は、瞬く間にDTP(コンピュータによる編集・印刷システム)の普及で、文字(情報)がビットと化して、新しい価値(データベースやチケット発券システム)を 生み出す仕事に変わっていきました。
ITCを用いて、アーティストやデザイナーを社会に「広報する」という一連のプロセスを具体的に体験できました。

また、この頃、全国の自治体や民間が美術館や文化ホールを次々計画するようになります。デザイナーを養成する学校も数多く設立されるようになりました。 

デザイナーの成果や活動を社会に紹介する、という体験を原点に、デザイン学校でマルチメディアを研究する施設を作ったり、「情報デザイン学科」という名前の新設学科を作る仕事をしたりしました。

このあたりから、コ ンピュータネットワーク上で出会った人たちと、ボランティアベースの様々なプロジェクトを経験します。

特に気に入っているものは、三つあります。一つは100校プロジェクトに参加した葛尾中学校(福島県)との出会い、もう一つはせんだいメディアテークプロジェクト(伊東豊雄設計)との出会い、そして函館における各種事業のデザインプロジェクトとの出会いです。

葛尾村ではネットワーカーと中学校の先生達といっしょにインターネット環境を用いた「学びの場」のデザインを手伝いました。このつながりを端緒に電子百葉箱の開発と実装を行う事ができました。

せんだいメディアテークでは電子メディアをテーマにした市民参加型イベントを開催して、数多くのメディアボランティアの人たちと遊ぶことができました。この流れの中で、研究室の学生諸君とアート系フリーマーケットを研究したり、アート情報を提供するwebサイトやフリーペーパーを作ることになります。また、函館では、公的な祝祭空間をアートディレクションすることに繋がりました。

こうした取り組みは、函館市中心市街地活性化地域における本町・五稜郭と大門・駅前地区の「まちづくりワークショップ」の開催や「函館路面電車百周年事業」、「五稜郭築造150年祭」、「函館リトファスゾイレ」、「函館山ロープウェイ」のデザイン監修や、「はこだてアリーナ」のサイン計画のプロデュースへと展開されていきました。

まずは現場に行ってみること。そこにある資源を最大限に生かしてつなげることで、新しい価値を生み出す。結果的にコミュニティデザインに取り組んできたと感じるようになりました。いずれにしても、実社会を対象としたプロジェクトを通して実践的なデザイン研究を展開しています。

「ディパック」に「寝袋とパーソナルコンピュータ」を詰め込んで、わくわくする環境だけれど、結構「つらい」ことをものともせず、「にこにこ」と楽しめる人といっしょに学びたいと考えています。

最近の著書

  • 伊藤メンタルクリニック・サイン計画、北海道サインデザインコンテスト、優秀賞、2002.10
    AD・D:木村健一
  • 電子百葉箱「ウェザーバケット」の開発、デザイン学研究・作品集2005年11号、pp2-5、2006.3
    CD:木村健一、D:秋田純一、戸田真志、南條宏、小野寺則行
  • 文化庁・北海道文化芸術振興プラン推進事業・函館圏文化芸術事業「文化と編纂」のVI計画策定とグラフィックデザイン、2009.10-2010.3
    CD:川嶋稔夫、AD:木村健一、D:宮武志保
  • はこだて観光圏のVI計画策定とグラフィックデザイン、 2010.4-2013.3
    AD:木村健一、D:宮武志保
  • 日産財団のVI計画策定とグラフィックデザイン、 2010.10-2011.3
    AD:木村健一、D:似鳥文香
  • 函館市企業局交通部 ICASMAP 2011-2012のグラフィックデザイン、2010.3-2011.4
    AD:木村健一、D:宮武志保、似鳥文香、歸山奏恵、東出光嗣、東頭伶衣
  • 函館市企業局交通部 ICASMAP 2012-2013のグラフィックデザイン、2011.3-2012.4
    AD:木村健一、D:蝦名奏子、石田桃子
  • 市立函館博物館企画展 函館の麦酒展のVI計画策定とグラフィックデザイン、2011.3-2012.6
    AD:木村健一、D:蝦名奏子、石田桃子
  • 市立函館博物館企画展 写された幕末 明治の函館展のVI計画策定とグラフィックデザイン、2012.5-2012.7
    AD:木村健一、D:蝦名奏子、石田桃子
  • 函館市電開業100周年事業のVI計画策定とグラフィックデザイン、2013.4-2014.3
    AD:木村健一、D:堀内昴、蝦名奏子、石田桃子
  • 市立函館博物館企画展 新島襄と幕末の箱館展のVI計画策定とグラフィックデザイン、2013.5-2013.7
    AD:木村健一、D:蝦名奏子、石田桃子
  • 函館市企業局交通部ICASMAP2014-2015のグラフィックデザイン、2013.12-2014.3
    AD:木村健一、D:蝦名奏子、齋田萌、丹羽みずほ
  • 五稜郭築造150年祭のVI計画策定とグラフィックデザイン、2013.12-2015.3
    AD:木村健一、D:蝦名奏子
  • 函館リトファスゾイレののVI計画策定とグラフィックデザイン、2014.4-2015.2
    P:中野晋、CD:木村健一、AD:渡部真証、D:三好紀行、C:岸甫一、清水憲朔、田原良信、木村朋希
  • 函館山ロープウェイのシンボルマーク(商標登録申請中)作成とVI計画策定、新ゴンドラのグラフィックデザイン、2014.4-2015.11
    AD:木村健一、D:蝦名奏子
  • はこだてアリーナのシンボルマーク(商標登録申請中)作成とVI計画策定、サイン計画の策定、2014.4-2014.12
    CD:木村健一、AD:原田泰、D:蝦名奏子
  • CD=クリエイティブ・ディレクター、AD=アートディレクター、D=デザイナー、C=原稿執筆者