教員紹介

大場 みち

教授
OBA, Michiko

学生へのメッセージ

スタートレックの世界をめざして夢のあるシステムを一緒にデザインしましょう。未来は君たちの中にある!

研究内容

知的行為・行動の分析と活用に関する研究

 システム開発・作文・作曲などの知的行為(action)をパズルの操作から分析・活用するシステムを研究します。着目するのは知的行為・操作の記録 (measure)です。操作状況の分析結果が知的スキルの改善・指導に役に立つように、操作モデルを設計し、それを活用するしかけを開発・実用化することを目指しています。

情報システム開発に関する研究

  1. ICT教育を支援する情報システムの研究
  2. デジタルドキュメントによるコミュニケーションを促進する情報システムの研究
  3. 情報システムを早く、品質よく開発する技術に関する研究
  4. スマートアグリ・スマートハウス実現のための情報システムの研究
  5. サービスの高度化やビジネスプロセスに関する研究

最近の著書

  • 情報マネジメント,共著:神沼靖子,大場みち子,山口琢,川野喜一,小川邦弘,刀川眞,砂田薫(共立出版)
  • 緊急事態のための情報システム:多様な機器発生事例から探る課題と展望,共著: 村上優子(翻訳,監修)大場みち子(翻訳),他13名(近代科学社)
  • 情報システムの開発法:基礎と実践,村田嘉利,大場みち子,伊藤恵,佐藤永欣(共立出版)
  • ビジネスシステムのシミュレーション, 共著: 薦田憲久,大川剛直,秋吉政徳,大場みち子(コロナ社)
  • ステム設計論,共著: 布広永示,今城哲二,大場みち子,中原俊政(コロナ社)
  • 情報システム基礎,共著:神沼靖子編著(オーム社)
  • オープンシステムに活かすCOBOL資産移行ガイド,共著: COBOLコンソーシアム,日経システム構築(日経BP社)
  • ビジネスコラボレーションのためのオブジェクト共有技術,共著:堀内 一,大谷 真 共編 ビジネスオブジェクト推進協議会(CBOP)(オーム社)