未来大出版会より書籍『スマートモビリティ革命』を刊行

公立はこだて未来大学出版会 FUN Pressより、2019年3月1日付で『スマートモビリティ革命:未来型AI公共交通サービスSAVS』が刊行されました。

本書は、本学のスマートシティはこだてラボが中心になって研究開発を進めてきたAI技術によるスマートなオンデマンド交通システムSAVS(Smart Access Vehicle Service)の技術から、国内外の交通改革をめぐる社会的背景、未来大発ベンチャーである株式会社未来シェアが全国で展開中の社会実証実験などを、10名の執筆者によりまとめた本です。全国では今、モビリティ革命が叫ばれ、公共交通の再編やドアツードアのデマンド交通への改革などが急速に進んでいます。本学が展開する世界最先端のAI交通について、またなぜ今それが求められているかについて、専門家以外の方にもわかりやすくまとめています。

[書誌情報]
題名『スマートモビリティ革命:未来型AI公共交通サービスSAVS』
編著者:中島秀之・松原仁・田柳恵美子
発行:公立はこだて未来大学出版会
販売:近代科学社
ISBN:978-4764955561
A5変型判 200ページ
定価 2,500円+税

カバー装幀:原田泰(公立はこだて未来大学)

お買い求めは、全国書店・電子書店・大学生協などにて。

章立て:
序章 スマートモビリティ革命へ向けて 田柳 恵美子・松原 仁・中島 秀之
1章 世界の公共交通政策とスマートモビリティ革命 田柳 恵美子
2章 未来型AI公共交通サービスSAVS 中島 秀之
3章 スマートモビリティを実現する未来技術 平田 圭二
4章 都市型デマンド交通とマルチエージェント社会シミュレーション 野田 五十樹
5章 未来のモビリティデザインと需要分析・予測・設計手法 金森 亮
6章 SAVS実証実験の全国展開と未来型AI公共交通への課題 松舘 渉
7章 SAVS実証実験の舞台裏――マルチデマンド配車計算の実装 落合 純一
テクニカルノート 自動運転で走るSAVSの世界 鈴木 恵二
8章 地域公共交通の現実とモビリティ革命への障壁 岩村 龍一
終章 SAVSで未来社会を創る 松原 仁

執筆者紹介:
中島 秀之 札幌市立大学学長,公立はこだて未来大学前学長・名誉学長,(株)未来シェア取締役会長
松原 仁 公立はこだて未来大学副理事長・教授,(株)未来シェア代表取締役社長
田柳 恵美子 公立はこだて未来大学社会連携センター長・教授
平田 圭二 公立はこだて未来大学教授, (株)未来シェア技術相談役
野田 五十樹 産業技術総合研究所人工知能研究センター総括研究主幹,(株)未来シェア取締役
金森 亮 名古屋大学未来社会創造機構特任准教授, (株)未来シェア取締役
松舘 渉 (株)未来シェア代表取締役
落合 純一 (株)未来シェア技術研究員
岩村 龍一 (株)コミュニティタクシー取締役会長, (株)未来シェア取締役

書籍に関するお問い合わせは、本学事務局企画総務課まで。
Tel:0138-34-6448 a-dm@fun.ac.jp
研究開発・実証実験に関するお問い合わせは、本学社会連携センターまで。
Tel:0138-34-6549 col@fun.ac.jp

関連リンク:
公立はこだて未来大学出版会 FUN Press(公式Facebookページ)
スマートシティはこだてプロジェクト
株式会社未来シェア


            

更新 2019/04/19