修士課程1年の小林真幸さんが、「映像表現・芸術科学フォーラム2014」で口頭発表最優秀賞を受賞

award_kobayashi3/17に開かれた映像情報メディア学会/映像表現&コンピュータグラフィックス研究会/画像電子学会/芸術科学会の4学会主催による「映像表現・芸術科学フォーラム2014」において、本学大学院修士課程1年(受賞時)の小林真幸さん(迎山和司研究室)の発表した「旧函館区公会堂プロジェクションマッピングの実現」が口頭発表最優秀賞を受賞しました。

旧函館区公会堂プロジェクションマッピングの様子は以下のURLからご覧いただけます。
旧函館区公会堂 プロジェクションマッピング – YouTube

prok

更新 2014/04/11