情報処理学会第76回全国大会にて6件の学生奨励賞を受賞しました

平成26年3月11日から13日まで東京電機大学で開催された情報処理学会第76回全国大会にて、本学の学生の以下の発表が学生奨励賞を受賞しました。

桂井 友輝(情報アーキテクチャ学科4年)
「DoS攻撃の検知をトリガーとしたIPトレースバック手法の提案」
指導教員:高橋 修 中村嘉隆

岸野 亜理沙(情報アーキテクチャ学科4年)
「事象関連脳電位を用いた写真ライフログのための写真選別手法」
指導教員:白石 陽

佐藤 正徳(情報アーキテクチャ学科4年)
「地域歴史資産のARによる可視化とナレッジ化に基づくシステムの構築」
指導教員:大場みち子

前川 裕一(情報アーキテクチャ学科4年)
「乗降者数データと運行実績データを用いたバス到着時刻予測手法の提案」
指導教員:白石 陽

渡辺 清香(情報アーキテクチャ学科4年)
「PBLにおけるノウハウの蓄積と再利用によるタスク管理支援システムの提案」
指導教員:大場みち子

渡辺 悠太(情報アーキテクチャ学科4年)
「Open Flowを用いたProxy Mobile IPv6の通信経路最適化方法の提案  」
指導教員:高橋 修 中村嘉隆

更新 2014/05/19