博士後期課程2年の小林潤平さんが人工知能学会全国大会優秀賞を受賞

本学博士後期課程2年の小林潤平さん(川嶋稔夫研究室)が、2014年5月に松山市で開催された、2014年度人工知能学会全国大会において全国大会優秀賞を受賞しました。同賞は、同大会で優秀な研究を発表したものに与えられるもので、小林さんは昨年に引き続き2年連続の受賞となります。

受賞論文

「文節間改行レイアウトを有する日本語リーダーの読み効率評価」

 

関連リンク

更新 2014/10/01