山口俊一内閣府特命担当大臣(IT政策担当)が函館訪問、本学を視察

11043408_780297488727501_5168341102611861440_o2015年3月7日、「地方創生IT利活用推進会議」議長を務める山口俊一内閣府特命担当大臣(情報通信技術(IT)政策担当)が本学を訪れ、デマンド交通、マリンIT、デジタルアーカイブ、プロジェクションマッピングなど、本学が展開する地域振興型のIT研究プロジェクトを視察しました。

函館空港に到着した山口大臣ら一行は、本学のスマートシティはこだてラボが開発したデマンド交通SAVSで試験運行するバスで函館市内を移動し、市内の事業所や病院等を訪問しました。本学では、中島学長によるリアルタイムデマンドの仕組みやサービスの説明に熱心に耳を傾けられていました。

*「地方創生IT利活用推進会議」は、地方における自治体や企業のIT活用を促進し、効果を高める目的で政府の高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部(IT総合戦略本部)により設置されたもので、本学の中島秀之学長が、政策企画ワーキンググループの主査を務めています。今後、同ワーキンググループの取りまとめにより、6月をめどに「地方創生に資するIT利活用促進プラン(仮称)」を策定していく計画です。

更新 2015/03/20