鈴木昭二准教授が機械学会ロボメカ部門欧文誌表彰受賞

複雑系知能学科の鈴木昭二准教授が、2015年5月17日から19日に京都市で開催された日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会2015において、部門欧文誌表彰を受賞しました。本賞は、日本機械学会ロボティクスメカトロニクス部門が発行する欧文誌ROBOMECH Journal(Springer)に掲載された論文の中から選ばれた優秀な論文に対しその著者に授与されます。IMG_3750

鈴木准教授と共著者の須田遼太郎氏(本学システム情報科学研究科2012年度修了)は、受賞論文において広視野を取得する画像システムと衝突検知のための装置を開発しロボットに搭載して遠隔操作の際に効果的に機能することを検証しました。

関連リンク

更新 2015/05/28