鈴木昭二准教授が観光情報学会研究発表会優秀賞受賞

観光情報学会研究発表会優秀賞複雑系知能学科の鈴木昭二准教授が、2015年6月19日から20日に金沢市で開催された観光情報学会第12回全国大会において、観光情報学会第10回研究発表会研究発表優秀賞を受賞しました。本賞は、観光情報学会が2014年11月15日に和歌山大学で開催した第10回研究発表会における優秀な発表に対しその発表者に授与するものです。

鈴木准教授は、広視野を取得する画像システムを開発し観光PRのための動画撮影に応用しました。研究会では、開発したシステムを自転車に搭載して五稜郭公園の遊歩道で撮影を行い、取得した映像をドーム型のスクリーンに投影することでより魅力的に提示する方法について発表しました。

関連リンク

更新 2015/06/24