HOKKAIDO学生アプリコンテストで未来大生が北海道経済産業局長賞等の3賞を受賞

2016年2月26日に行われたHOKKAIDO学生アプリコンテスト2016(主催 北海道モバイルコンテンツ・ビジネス協議会)にて、下記学生が各賞を受賞しました。

HOKKAIDO学生アプリコンテスト2016は、北海道内の学校に在学している高校生、専門学校生、大学生、大学院生を対象にスマートフォンやタブレット端末上で動作するオリジナルアプリケーションのアイデアを競うコンテストです。応募があった作品の中から8作品が決勝に進出し、最終選考の全5賞のうち、3賞を本学の学生が受賞することとなりました。

【北海道経済産業局長賞(最優秀賞)】
「avectoi」工藤卓也(奥野研究室:M1)、齋藤創(大場研究室:M1)、会津大院生1名、室蘭工業大院生2名
作品の説明:勉強時間を記録・共有することのできるペンとアプリである。加速度センサを搭載したペンからBluetooth Low Energyを用いてスマートフォンに学習状況を送っている。

【メディア・マジック賞】
「SNS忌憚」葛西皓大(角薫研究室:4年)
作品の説明:ソーシャル・ネットワーキング・サービスのマナーを体験で学ぶシリアスゲームである。

【クリプトン・フューチャー・メディア賞】
「Touch Coding!!~簡単、楽しい、プログラミング~」山口慧悟(角薫研究室:4年)
作品の説明:タブレット端末におけるタッチ操作を利用したプログラミング教育アプリである。

kudosaitokasaiyamaguchi

 

 

 

更新 2016/03/03