情報処理学会第78回全国大会にて8件の学生奨励賞を受賞

平成28年3月10日から12日まで慶應義塾大学矢上キャンパスで開催された情報処理学会第78回全国大会にて、本学学生の以下の発表が学生奨励賞を受賞しました。
本賞は全国大会の学生セッションでの発表の中から座長裁量で優秀な発表に対して贈呈されるものです。

大内 郷太郎(情報アーキテクチャ学科4年)
「大福帳を利用した双方向授業を効率的に行うためのコミュニケーション支援手法の提案」
指導教員:大場 みち子

河辺 雅史(情報アーキテクチャ学科4年)
「データビジュアライゼーションを用いた歴史資料探索支援システムの提案」
指導教員:奥野 拓

桑嶋 真也(情報アーキテクチャ学科4年)
「ネットワークトモグラフィを用いたアドホックネットワークにおける電力推定手法」
指導教員:高橋 修 中村嘉隆

紺井 和人(情報アーキテクチャ学科4年)
「スマートフォンを用いたドライバーのペダル操作の予備動作認識」
指導教員:白石 陽

萩本 純一(情報アーキテクチャ学科4年)
「PBL向けリスク管理学習支援システムの提案」
指導教員:大場 みち子

松林 勝(情報アーキテクチャ学科4年)
「屋内人流把握のための磁気系列データを用いた歩行速度推定」
指導教員:白石 陽

水澤 吉博(情報アーキテクチャ学科4年)
「車椅子走行ログを用いた車椅子利用者向けルート作成システムの構築」
指導教員:大場 みち子

吉田 匡孝(情報アーキテクチャ学科4年)
「短文群を分類し振り返りを促すeポートフォリオシステムの提案」
指導教員:奥野 拓

https://www.ipsj.or.jp/award/taikaigakusei.html

更新 2016/07/12