和田雅昭教授らがドコモ・モバイル・サイエンス賞を受賞

このたび、本学マリンIT・ラボ所長の和田雅昭教授らがNPO法人モバイル・コミュニケーション
・ファンドによる ドコモ・モバイル・サイエンス賞「社会科学部門 優秀賞」を受賞しました。

1st-194s

この賞は、 日本国内における移動通信の発展と若手研究者の育成を目的とし、社会科学部門に
ついては、通信一般を対象業績とするもので、今回あらたに社会的課題の解決に寄与する業績
も対象となりました。

受賞の対象となった研究活動とその業績は、

 「モバイル・メディアを活用したICT漁業による持続可能な沿岸漁業の実現」

というものであり、漁業者がタブレット端末を持ち歩く新しい形の漁業(ICT漁業)を提案し、
社会実装に成功した実績です。ICT漁業は海洋環境と水産資源をタブレット端末などで視覚化する
など「うみの見える化」を行ない、漁業者の主体的な判断による、漁業の最適化を実現するもの
です。主な具体的取り組みのひとつとして、留萌市におけるナマコの資源管理が挙げられます。

関連リンク ドコモ・モバイル・サイエンス賞

更新 2016/11/18