松原仁教授/副理事長が人工知能学会より2016年度功績賞を受賞

本学の松原仁教授/副理事長が、人工知能学会より2016年度功績賞を受賞しました。人工知能の基礎分野をはじめ、ゲーム情報学などの新領域への学術的貢献や、学会運営の改革における多大な成果などが称えられ、表彰状とメダルが授与されました。松原教授は、2014年6月13日~2016年6月24日の期間、第15代人工知能学会会長を務めています。

同学会功績賞は、人工知能に関する学術または関連事業に関し、学会の運営および発展に多大な功績のあった者を表彰し,その功績に報いることを目的とし、顕著な功績があった者のうちから対象者を選定して贈呈されるものです。

関連リンク

更新 2017/07/03