博士後期課程3年の三浦寛也さんが人工知能学会研究会優秀賞を受賞


本学大学院博士後期課程3年の三浦寛也さんが,人工知能学会2016年度研究会優秀賞を受賞しました.
本賞は,2016年度に人工知能学会の研究会で発表された論文のうち,独創性,学術・技術上の寄与と波及効果,表現のわかり易さを考慮し,特に優秀なもの18件(約5%)を研究会毎の選定員により選出され,学会として承認されたものです.
– 三浦寛也,竹川佳成,平田圭二,議論における意図のモデル化と質問応答を繰り返しながら議事録を生成するシステムのプロトタイピング, SIG-SLUD-077-03.

関連リンク

更新 2017/07/05