本学学生チームがSPAJAM2018札幌予選で最優秀賞・優秀賞を受賞

5月12日、13日に行われたスマートフォンアプリのハッカソンイベント「スマートフォンアプリジャム2018札幌予選」(SPAJAM2018)にて、
公立はこだて未来大学の学生と卒業生の混合チーム 卍(スワスティカ)が開発した「おさかなフレンズ」が最優秀賞を受賞し、本大会の決勝戦(全国大会)への出場を決めました。
4回目を迎える本大会で、4年連続の未来大学生チームの出場となりました.

チームメンバー

  • 会津慎弥(情報アーキテクチャ領域 塚田浩二研究室 博士前期課程2年)
  • 高畑孝輝(情報アーキテクチャ領域 新美礼彦研究室 博士前期課程2年)
  • 永井智大(情報アーキテクチャ領域 藤野雄一・佐藤生馬研究室 博士前期課程2年)
  • 池田俊輝(情報アーキテクチャ領域 奥野拓研究室 博士前期課程2年)
  • 矢野颯太(知能システムコース 2017年度卒業生)

同じく学生チーム!kie(ピンキー)が開発した、犬のリードの張りを検知しそのデータを可視化することによって、飼い主にしつけが上手くできているかを意識させるプロダクト「PullDog」が優秀賞を受賞しました。

チームメンバー

  • 山川拓也(情報アーキテクチャ領域 奥野拓研究室 博士前期課程2年)
  • 岩見建汰(情報アーキテクチャ領域 大場みち子研究室 博士前期課程2年)
  • 川島奨大(メディアデザイン領域 柳英克研究室 博士前期課程2年)
  • 熊谷優斗(情報アーキテクチャ領域 奥野拓研究室 博士前期課程2年)
  • 中進吾(情報アーキテクチャ領域 中村嘉隆研究室 博士前期課程2年)

さらに、同じく学生チームhigh-fun(ハイフン)が開発した、飼い猫を惹きつけて、起こしてもらえる目覚まし時計「猫ざまし」も優秀賞を受賞しました。

チームメンバー

  • 玉井由良(情報アーキテクチャ領域 塚田浩二研究室 博士前期課程1年)
  • 中井崚日(メディアデザイン領域 美馬義亮研究室 博士前期課程年)
  • 本間貴士(情報アーキテクチャ領域 塚田浩二研究室 博士前期課程1年)
  • 溝口直人(知能情報科学領域 三上貞芳研究室 博士前期課程1年)
  • 吉田研祐(情報アーキテクチャ領域 大場みち子研究室 博士前期課程1年)

「SPAJAM」は、スマートフォンアプリジャム2018実行委員会と一般社団法人モバイル・コンテンツ・フォーラムの主催による国内最高峰のアプリクリエイター協議会です。毎年、モバイルコンテンツ業界にイノベーションを起こすネクストクリエイターを育てるための競技(ハッカソン形式)と交流の場として開催されます。今年は全国9カ所で予選が開かれ、6月下旬までに決勝戦進出するすべてのチームが決定します。決勝戦は7月7日から9日にてCOLONY箱根で開催されます。

関連リンク

更新 2018/05/21