博士前期課程の梅澤章乃さんと奥野茜さんがIPA未踏IT人材発掘・育成事業に採択

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)による2018年度未踏IT人材発掘・育成事業に、本学の学生が提案した下記2件のプロジェクトが採択されました。

 クリエータ:梅澤 章乃(博士前期課程1年)
 採択テーマ:顔の外見を変える顔拡張マスクの開発

 クリエータ:奥野 茜(博士前期課程2年)
 採択テーマ:一人称ライフログ映像からの顔検出に基づいた社会活動量計の開発

IPA未踏IT人材発掘・育成事業は、IT技術を駆使したイノベーション創出が期待される、独創的なアイデアを持った若手クリエータを発掘し育成する事業です。若手IT人材にとっての登竜門といえます。今年度も多数の応募の中から、21件のプロジェクトが採択され、狭き門をくぐって本学から2件が選ばれました。2件とも「顔」に注目したユニークなプロジェクトです。
採択されたプロジェクトは、今後約9ヶ月間にわたり、国内トップレベルのプロジェクトマネージャーの指導のもと進められます。プロジェクト終了後、特に優れた成果を修めた場合は「スーパークリエータ」として認定されます。

関連リンク:

更新 2018/06/21