博士(前期)課程2年の佐藤僚太君が情報処理学会SIGMUS研究会で学生奨励賞を受賞

本学大学院博士(前期)課程2年佐藤僚太君(知能情報科学領域、指導教員:平田圭二教授、竹川佳成准教授)が、情報処理学会音楽情報科学研究会(SIGMUS) 第122回研究発表会にて学生奨励賞を受賞しました。

この受賞は、2019年2月22日に関西学院大学で開催された研究発表会における「カバーソング同定法と音声指紋を組み合わせることによるマッシュアップを考慮したメドレー楽曲における楽曲断片検出法の提案」という発表が評価されたことによるものです。

同研究発表会にて、SIGMUS主査の吉井和佳先生(京都大学)から賞状を授与される佐藤僚太君

  • 関連リンク

第122回SIGMUS研究発表会

更新 2019/03/18