博士前期課程の飯澤悠介さんがサイバーセキュリティシンポジウム道後2020学生研究賞を受賞

システム情報科学研究科博士前期課程2年の飯澤悠介さん(指導教員:中村 嘉隆准教授、稲村 浩教授)がサイバーセキュリティシンポジウム道後2020学生研究賞を受賞しました。

この賞は、2019年1月から2020年1月にかけて、
電子情報通信学会情報セキュリティ研究会(ISEC)、
電子情報通信学会情報通信システムセキュリティ研究会(ICSS)、
情報処理学会コンピュータセキュリティ研究会(CSEC)、
およびマルチメディア、分散、協調とモバイル(DICOMO2019)シンポジウム、
第18回情報科学技術フォーラム(FIT2019)、
コンピュータセキュリティシンポジウム2019(CSS2019)、
マルウェア対策研究人材育成ワークショップ2019(MWS2019)
2019年暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2019)、
2020年暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2020)、
さらに各学会での全国大会、支部大会等
での研究発表を行った学生を対象とし、サイバーセキュリティシンポジウム道後2020実行委員会学生研究賞選定WG委員、プログラム委員会で審査の後、3件を採択して表彰されるものであり、
本受賞は2020年1月28日~1月31日に行われた2020年暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2020)における発表が優秀であると評価されたことによるものです。

【学生研究賞】
飯澤悠介, 中村嘉隆, 稲村浩: ブラウザの閲覧履歴に基づくWebページのスクリーンショットを利用した画像認証の日常利用を想定した評価

関連リンク
サイバーセキュリティシンポジウム道後2020学生研究賞
2020年暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2020)

更新 2020/03/18