教員プロフィール

准教授
寺井 あすか Asuka Terai
所属学科複雑系知能学科
専門分野認知科学
担当科目線形代数学1、認知科学
学位博士(工学)
前職東京工業大学 助教
着任時期2016/04

プロフィール

研究内容

認知科学の視点から、異なる「概念」が融合することでおこる「創造」について研究しています。特に、比喩理解を対象とし、新しい意味(創造的解釈)が創発される認知メカニズムの解明を行っています。

研究の魅力

言語データに基づくシミュレーション、質問紙調査、視線情報・脳活動計測等を伴う心理実験等、様々なアプローチを通じて、人間の思考メカニズムの理論的解明を目指す点が、この研究の面白さだと思います。

主な著作・論文

"1) Asuka Terai, Masanori Nakagawa, Takashi Kusumi, Yasuharu Koike, Koji Jimura. Enhancement of visual attention precedes the emergence of novel metaphor interpretations, Frontiers in Psychology, Jun. 2015.
2) Asuka Terai, Masanori Nakagawa. A corpus-based computational model of metaphor understanding consisting of two processes, Cognitive Systems Research, Vol. 19-20, p. 30-38, Mar. 2012.
3) Asuka Terai, Bin Liu, Masanori Nakagawa. Probabilistic Hierarchical Categorization of Japanese Words, Kazuo Shigemasu, Akinori Okada, Tadashi Imaizumi and Takahiro Hoshino (Eds.) New Trends in Psychometrics, Universal Academic Press, pp. 471-480, Dec. 2008. "

学生へのメッセージ

研究を通じて、問題発見、情報収集、論理的思考、プレゼンテーション等のスキルを是非大学で身につけて下さい。きっと、役に立ちます。