教員プロフィール

准教授
新美 礼彦 NIIMI, Ayahiko
所属学科情報アーキテクチャ学科
専門分野データマイニング、データベース、人工知能
担当科目システム管理方法論、データベース工学、データ科学特論
最終学歴桐蔭横浜大学大学院制御システム工学専攻
学位博士(工学)
経歴2002年3月 桐蔭横浜大学大学院 博士後期課程修了
2002年4月 同年公立はこだて未来大学システム情報科学部助手.
2009年4月 より現職
現在 公立はこだて未来大学システム情報科学部准教授
着任時期2002/04

研究内容

大量データから意味ある情報を抜き出す技術がデータマイニングです。
扱うデータの種類は、超大量データベースのデータやブログやTwitterなどのSNSデータ、グラフデータ、時系列データなど様々ありますが、扱うデータに対して新しい分析手法を考える研究です。

研究の魅力

未知のデータに対して、新たな分析手法を考えるとき、異なるデータに対応できる手法を考えるとき、この研究をやっていてよかったと思います。

実績

Reward:
- December, 2010 : Incentive Award at the General Software Contest Session (Fourth International Workshop on Computational Intelligence & Applications
- WorldCIS-2016 Best Papre Award, 2016.
- WorldCIS-2018 Best Papre Award, 2018.

- General Vice-Chair, World Congress on Internet Security (WorldCIS-2012) , Guelph, Ontario, Canada , 2012
- General Chair, World Congress on Internet Security (WorldCIS-2013) , London, UK , 2013

- 非常勤講師(函館工業高等専門学校):オートマトン(2015.04-2016.03)

- 教員海外研修(短期)にて、カナダのUniversity Of Guelphで共同研究(2012.09-2013.03)

主な著作・論文

- 石川 博, 新美 礼彦, 白石 陽, 横山 昌平: データマイニングと集合知 基礎からWeb,ソーシャルメディアまで. 未来へつなぐデジタルシリーズ11, 共立出版, 2012
- Ayahiko Niimi, Masato Ikeda: Three Different Approaches for Fast Implementation of Deep Learning for Time Series Data, International Journal for Information Security Research (IJISR), Volume 6 Issue 4, ISSN 2042-4639 (Online), 2016
- Ayahiko Niimi, Masato Ikeda: Majority Rule Approach of Deep Learning for Time Series Data, International Journal for Information Security Research (IJISR), Volume 6 Issue 3, pp.677 - 684, 2016
- Ayahiko Niimi: Majority Rule Approach to Deep Learning for Large Benchmark Data and Real Credit Card Transaction Data, Journal of Internet Technology and Secured Transaction (JITST), Vol6, Issue 1, pp.541-547, 2018
- 新美礼彦、小西修: ストリームカーネルマシンによるパラレルブースティング. 情報処理学会論文誌, データベース Vol. 2 No. 4 pp.13--23, 2009
− 齋藤 尊,新美 礼彦,伊藤 恵: 過去の情報を用いたPBL向け工数見積り手法の提案. コンピュータソフトウェア, Vol.35, No.1, pp.117-123, 日本ソフトウェア科学会, 2018

学生へのメッセージ

いっしょにデータを分析してみませんか。