教員プロフィール

教授
稲村 浩 Hiroshi Inamura
所属学科情報アーキテクチャ学科
専門分野モバイルコンピューティング,パーベイシブシステム
担当科目情報ネットワーク,ネットワークセキュリティ
学位博士(工学)
経歴1990年慶應義塾大学大学院理工学研究科修士課程修了. 同年日本電信電話(株)入社. 1994から95年 カーネギーメロン大学計算機科学科にて訪問研究員. 1998年より(株) NTTドコモ. 2006年から2009年まで DoCoMo Communications Laboratories U.S.A. Inc. 出向. 2016年より公立はこだて未来大学 教授. 情報処理学会,電子情報通信学会,ACM,IEEE会員. 情報処理学会業績賞(2003年).
着任時期2016/04

研究内容

社会の情報化は目を見張るものがあります。あらゆるモノに内蔵されモバイルネットワークで結合された多数の計算機を意識せずに活用するパーベイシブな社会の実現に向けて、周囲の情報を取得し統合することで情報空間を構成するさまざまなセンサ群と、利用者にインターフェイスを提供するスマートフォンやウェアラブルズ等のスマートデバイスの連携による新たなサービスや機能が創出されることが期待されます。以下のような技術に興味があります。

1) スマートデバイスのためのIPネットワーク技術
省資源・省電力、環境適応、自律分散, リアルタイムWeb等

2) ネットワークサービスプラットフォーム技術
センサ統合による環境理解、セキュリティ、ユビキタスOS、インタラクション等

主な著作・論文

1 ソーシャルネットワークにおけるフォロー集合分析に基づく実世界イベント分類手法. 河野慎, 米澤拓郎, 中澤仁, 川崎仁嗣, 太田賢, 稲村浩, 徳田英幸. 情報処理学会論文誌, Vol.56, No.1, pp. 72--82,

2 電力モデルに基づくアプリ消費電力可視化ツールの評価. 神山剛, 稲村浩, 太田賢. 情報処理学会論文誌, Vol.55, No.8, pp. 1866--1875,

3 Androidアプリケーションの利用情報に基づく消費電力分析手法. 古庄裕貴, 久住憲嗣, 神山剛, 稲村浩, 中西恒夫, 福田晃. 情報処理学会論文誌,Vol.55, No.8, pp. 1807--1816,

4 Android OSにおける状態変化通知による通信集中の削減手法. 川崎仁嗣,神山剛, 小西哲平, 大久保信三, 太田賢, 稲村浩. 情報処理学会論文誌コンピューティングシステム(ACS), Vol.7, No.1, pp. 23-34

5 画面オフ状態におけるバックグラウンドタスク同時実行によるAndroid端末の省電力化. 小西哲平, 稲村浩, 川崎仁嗣, 神山剛, 大久保信三, 太田賢.情報処理学会論文誌, Vol.55, No.2, pp. 587-597

6 スマートフォン向けプライバシ強化型操作履歴ミドルウェアの設計と実装. 共著, 太田賢, 木南克規, 中川智尋, 土井千章, 稲村浩. 情報処理学会論文誌,Vol.53, No.2, pp. 825-835

7 セキュア携帯機のためのアプリケーション機密分離および監視方式(モバイルアプリケーション,<特集>マルチメディア,分散,協調とモバイル. 太田賢, 吉川貴, 中川智尋, 稲村浩. 情報処理学会論文誌, Vol.47, No.7,pp. 2125-2132.

8 第3世代移動通信網を介した高速インターネットアクセスのためのステルス型ゲートウェイの提案と実装評価. 高橋修, 関口克己, 鶴巻宏治, 稲村浩,渥美幸雄, 水野忠則. 情報処理学会論文誌(<特集>高速ネットワークとマルチメディアアプリケーション), Vol.44, No.3, pp. 637-646。

9 W-CDMA網でのリンク層ARQとTCPの特性評価. 稲村浩, 石川太朗, 渥美幸雄, 高橋修. 情報処理学会論文誌(<特集>次世代移動通信ネットワークとその
応用)

10 Extracting Local Event Information from Micro-blogs for Trip Planning. W.Yamada, D.Torii, H.Kikuchi, H.Inamura, K.Ochiai, and K.Ohta. In Mobile Computing and Ubiquitous Networking (ICMU), 2015 Eighth International Conference on, pp. 7--12,

11 A Model-based Energy Profiler using Online Logging for Android Applications. Takeshi Kamiyama, Hiroshi Inamura, and Ken Ohta. In ICMU:The Seventh International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Networking January 6-8, 2014 Singapore Management University, Singapore,

12 Variable interval positioning method for smartphone-based power-saving geofencing. Tomohiro Nakagawa, Wataru Yamada, Chiaki Doi,
Hiroshi Inamura, Ken Ohta, Makoto Suzuki, and Hiroyuki Morikawa. In Personal Indoor and Mobile Radio Communications (PIMRC), 2013 IEEE
24th International Symposium on, pp. 3482--3486,

13 Poster: an energy profiler for android applications used in the real world. Hiroki Furusho, Kenji Hisazumi, Takeshi Kamiyama, Hiroshi
Inamura, Tsuneo Nakanishi, and Akira Fukuda. In The 10th International Conference on Mobile Systems, Applications, and Services, MobiSys'12, Ambleside, United Kingdom, ACM,

14 Javascript Instrumentation in Practice. Haruka Kikuchi, Dachuan Yu, Ajay Chander, Hiroshi Inamura, and Igor Serikov. In Programming Languages and Systems, 6th Asian Symposium, APLAS 2008, Bangalore, India, December 9-11, 2008. Proceedings, Vol. 5356 of Lecture Notes in
Computer Science, pp. 326--341. Springer,

15 Better abstractions for secure server-side scripting. Dachuan Yu, Ajay Chander, Hiroshi Inamura, and Igor Serikov. In WWW: Proceedings of the 17th International Conference on World Wide Web, WWW 2008, Beijing, China, April 21-25, 2008, pp. 507--516. ACM,

16 Enhancing Fast Recovery Algorithm using Loss Recovery for NewReno TCP. Motoharu Miyake and Hiroshi Inamura. In Proceedings of the
IEEE 16th International Symposium on Personal, Indoor and Mobile Radio Communications, PIMRC, Berlin, Germany, September 11-14, 2005,
pp. 1555--1559. IEEE,

17 Impact of Layer Two ARQ on TCP Performance in W-CDMA Networks. 共著, Hiroshi Inamura, Osamu Takahashi, Hirotaka Nakano, Taro Ishikawa, and Hiroshi Shigeno. In 24th International Conference on Distributed Computing Systems (ICDCS 2004), 24-26 March 2004, Hachioji, Tokyo, Japan, pp. 284--291. IEEE Computer Society,

18 H.Inamura, G.Montenegro, R.Ludwig, A.Gurtov, and F.Khafizov.: TCP over second (2.5G) and third (3G) Generation Wireless Networks.,
RFC3481/BCP71, IETF Network Working Group. 2003

学生へのメッセージ

モバイル分野を始めIT技術は社会に浸透しあたりまえのように使われていますが、その発展と進化のために多くの努力が注がれています。
技術を支え新たな価値を創る新しいアイデアは常に求められています。
10年後にあたりまえになっているモバイル技術をいま創りましょう。